再就職手当とは

雇用保険受給資格者の方々が基本手当(失業保険)の受給資格の決定を受けた後に、早期に安定した職業に就くことでもらえる手当です。
一般的に、会社を辞めた場合は会社から離職票をもらいます。

この離職票をハローワークに持っていって求職の手続きをすれば次の勤め先が決まるまでの間に条件を満たすことで基本手当(失業保険)をもらえることになります。
この基本手当(失業保険)は退職理由や雇用保険加入期間などによって、手続き後から支給されるまでの期間や支給日数などが変わってきます。

その支給日よりも前に転職先が決まった場合は、基本手当(失業保険)をもらうことはできません。基本手当(失業保険)が欲しいからという理由でゆっくり転職活動する人もいるかもしれません。そのような場合に、早期の再就職を促進するための制度でもあります。

再就職手当の支給を受けるための条件

この手当を受けるためには、次のすべての条件を満たす必要があります。
・基本手当(失業保険)の受給手続き後、7日間の待機期間(仕事をしていない期間)満了後に就職したこと。
・就職日の前日までの失業認定を受けた上で、基本手当(失業保険)の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上あること。
・離職した前の事業所への就職ではないこと。
・受給資格に関係する離職理由により給付制限がある場合は、求職申込をしてから待機期間満了後1か月の期間内は、ハローワークまたは職業紹介事業者の紹介によって就職したものであること。
・1年を超えて勤務することが確実であること。
・雇用保険の被保険者になっていること。
・過去3年以内に再就職手当または常用就職支度手当の支給を受けていないこと。
・求職申込前から採用が内定していた会社に雇用されたものでないこと。
・再就職手当の支給決定の日までに離職していないこと。

再就職手当の額

再就職手当の金額は、(基本手当日額×所定給付日数の支給残日数×50%又は60%)の計算によって決まります。
例えば、所定給付日数が90日の場合は、支給残日数60日、支給率60%なので、基本手当日額が4000円の場合、4,000円×60日×60%=144,000円となります。
これ以外のケースについては、ハローワークのホームページに掲載されていますので確認してみてください。

退職したらまずは、ハローワークで求職申込の手続きを行って次の就職先がなかなか決まらない場合に備えて失業保険をもらえるように準備しておきましょう。そして、うまく次の就職先が決まった場合、失業保険は全部もらえない代わりに要件を満たせば再就職手当が支給されます。このように知らないと損をする制度がありますのでハローワークをうまく活用して転職活動を進めていきましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

転職後に発覚した失敗、思っていたより仕事がつらかった・・・

転職の失敗は、転職後に発覚するものです。「憧れの職業についたけれど、思ったより仕事がきつかった・・・」、「聞いていたのとは違って、かなりの激務だった・・・」など、思ったより仕事がつらかったという転職者もいます。そうならないためにはどうしたらよいか、お話しましょう。

テンキンマン / 3876 view

求人情報を見る時の大切な3つのポイント

たくさんの時間をかけて見つけた求人に応募したのに、応募した後に改めて求人情報を見てみると見落としていたことがあり、応募しなければよかったという経験をした方もいるのではないでしょうか。 このようなことがないように求人情報を見る際の主なポイントをご紹介します。

転職アタッカー / 2891 view

転職で年収交渉はできるの?出来る場合と出来ない場合の違い

年収交渉は時期と条件によって可能な場合があります。 ただ単に自分の希望年収を伝えて、それが通るというほど甘いものではありません。 人気の企業ほど応募者が殺到していますから、条件が変えられないところも多数あります。 ここでは年収交渉が可能な方法を検証していきましょう!

Haruno / 1282 view

転職アタッカー

転職を色んな角度から切り込んでいきます!!!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ