再就職手当とは

雇用保険受給資格者の方々が基本手当(失業保険)の受給資格の決定を受けた後に、早期に安定した職業に就くことでもらえる手当です。
一般的に、会社を辞めた場合は会社から離職票をもらいます。

この離職票をハローワークに持っていって求職の手続きをすれば次の勤め先が決まるまでの間に条件を満たすことで基本手当(失業保険)をもらえることになります。
この基本手当(失業保険)は退職理由や雇用保険加入期間などによって、手続き後から支給されるまでの期間や支給日数などが変わってきます。

その支給日よりも前に転職先が決まった場合は、基本手当(失業保険)をもらうことはできません。基本手当(失業保険)が欲しいからという理由でゆっくり転職活動する人もいるかもしれません。そのような場合に、早期の再就職を促進するための制度でもあります。

再就職手当の支給を受けるための条件

この手当を受けるためには、次のすべての条件を満たす必要があります。
・基本手当(失業保険)の受給手続き後、7日間の待機期間(仕事をしていない期間)満了後に就職したこと。
・就職日の前日までの失業認定を受けた上で、基本手当(失業保険)の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上あること。
・離職した前の事業所への就職ではないこと。
・受給資格に関係する離職理由により給付制限がある場合は、求職申込をしてから待機期間満了後1か月の期間内は、ハローワークまたは職業紹介事業者の紹介によって就職したものであること。
・1年を超えて勤務することが確実であること。
・雇用保険の被保険者になっていること。
・過去3年以内に再就職手当または常用就職支度手当の支給を受けていないこと。
・求職申込前から採用が内定していた会社に雇用されたものでないこと。
・再就職手当の支給決定の日までに離職していないこと。

再就職手当の額

再就職手当の金額は、(基本手当日額×所定給付日数の支給残日数×50%又は60%)の計算によって決まります。
例えば、所定給付日数が90日の場合は、支給残日数60日、支給率60%なので、基本手当日額が4000円の場合、4,000円×60日×60%=144,000円となります。
これ以外のケースについては、ハローワークのホームページに掲載されていますので確認してみてください。

退職したらまずは、ハローワークで求職申込の手続きを行って次の就職先がなかなか決まらない場合に備えて失業保険をもらえるように準備しておきましょう。そして、うまく次の就職先が決まった場合、失業保険は全部もらえない代わりに要件を満たせば再就職手当が支給されます。このように知らないと損をする制度がありますのでハローワークをうまく活用して転職活動を進めていきましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

都内で働くなら独身寮?驚きのコストとは

地方から都内に引っ越して転職活動を行っている方も多いでしょう。その時に住まい探しで困るという声が聞かれます。都内ではワンルームを借りるだけで8万前後が相場。それに駐車場をつけてしまうと10万円を超えてしまうことも。そんな方に人気があるのが独身寮を完備した企業です。

転職エージェントガール / 1388 view

仕事をしながらの転職活動には強靭な精神力が必要である

現在の仕事をしながら、次の転職先を探して活動するというのは、身体的にも精神的にも本当に大変です。特に、現在の会社でトラブルが発生すると転職活動どころではないでしょう。まさに強靭な精神力が必要な1例を紹介しましょう。

現転職エージェントの為になる話 / 22974 view

転職するのに良い雇用情勢とは

ここでは転職するタイミングを考えたときに、どんな雇用情勢だと転職しやすいのか検証しました。 失業率が減ってきても有効求人倍率があまり上がっていなければ転職が難しい状況といえます。 過去の推移や今後の予想も視野に入れながら紹介していきましょう!

キャリアエージェント / 756 view

転職アタッカー

転職を色んな角度から切り込んでいきます!!!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ