国民健康保険・国民年金保険への加入

国民健康保険・国民年金保険は、一般的には会社員以外の自営業者等の方々が加入する保険です。
加入の手続きは、市町村の役所で行います。また、保険料は所得に応じて変わりますので詳しいことは役所で確認してください。
手続きに必要な書類として、本人確認のできる書類(運転免許証等)や印鑑が必要になります。また、退職するまで会社で加入していた保険の資格喪失証明書も必要になります。
この書類については、会社の保険の担当者(人事担当者等)が作成してくれますので退職前に確認しておきましょう。

任意継続

任意継続とは、退職するまで会社で加入していた健康保険に退職後も引き続き加入する制度です。一般的には任継などと呼ばれています。
2年間を限度に加入することができますが、その間の保険料はそれまで給与から引かれていた健康保険料の2倍になります(上限額が決まっていてそれ以上は高くなりません)。
加入の手続きは、退職前に加入していた各種健康保険組合または全国健康保険協会(協会けんぽ)の各都道府県の支部にて行います。
また、手続きは退職日の翌日から20日以内と決まっていますので十分に注意してください(手続きの方法などは自分で考えこまずに窓口で説明を聞くようにして期限厳守で行動しましょう)。

家族の健康保険に加入(被扶養者)

家族(配偶者や子供等)が会社員として働いている場合は、その会社で加入している健康保険の被扶養者として加入することができます。
ただ、被扶養者として認定されるかどうかは収入などの基準がありますので、確認が必要です。被扶養者として認定されれば、保険料がかかりませんのでとてもメリットのある方法です。
加入の手続きは、家族の勤務先の保険の担当者(人事担当者等)が行います。必要書類を確認して担当者に提出することになります(不明点は担当者に確認しましょう)。

退職後の保険の手続きは、転職経験のある方でしたら慣れている方もいるかもしれませんが、あまり詳しいことはわからないという人の方が多いかと思います。
健康保険は加入していないと健康保険証を持っていないことになりますので、何かあった時に自分が困ることになります。年金についても退職後は次の勤務先などで加入予定がないのであれば国民年金保険への加入手続きを忘れないようにしましょう。健康保険証とは
違って今すぐに困ることはないかもしれませんが、将来もらうことになる年金額が少なくなってしまう、または加入期間が少ないために、そもそも年金を受け取ることができないということになってしまいます。
そのようなことにならないように保険の手続きはしっかりと行うようにしましょう。
困った時は一人で悩まずに市役所などの窓口で直接確認してください。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

退職時のトラブルに備える3つのチェックポイント

自主的な退職か否かにかかわらず、転職には準備がとても大切です。退職月のお給料の金額など、企業側と利害関係が直接ぶつかるケースも少なくないので、退職する側でも万が一のトラブルに備えて準備をしておくことはとても大切です。 特に円満退職ではない場合には会社とトラブルになってしまった時に備えて書類や証拠資料の保管を行っておくことも視野に入れながら転職準備は進めていく必要があります。

テンキンマン / 3277 view

転職でブランクが空いた場合の言い訳なんてあるの?

転職をする際にブランクが空けば空くほどその期間について質問される可能性が高くなります。 「その期間何をやっていたんですか?」と聞かれ、どのような回答をすれば悪い印象を与えないのかご紹介していきましょう。

Haruno / 23768 view

退職前に、今の会社とトラブルが起きないように

今の仕事を辞めずに転職活動をする場合、当然今の職場には転職しようとしている事は隠した方が良い。 でも、転職活動の事が職場にばれてしまったり、辞めさせてもらえないなどのトラブルは良くある事だ。 そうならないようにどのような対策を立てれば良いかを話しておこう。

Mr.転職エージェント / 2712 view

転職アタッカー

転職を色んな角度から切り込んでいきます!!!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ