質問①志望動機

たくさんの応募者の中で採用されるためには、明確な志望動機を伝える必要があります。
ただ、漠然とした志望動機を伝える

そして、他の応募者に差をつけるためには、自分がその仕事においてどのような貢献ができるのかということを伝えることが必要になります。
面接官も会社のことや仕事内容についてよく調べてくれている応募者には好印象を持ちますし、どんな貢献をしてくれるのかということまでイメージできれば採用したいと考えます。

質問②退職理由

面接官としては、良い人材に長く働いて欲しいという思いがありますので、前職の退職理由は非常に気になるポイントです。
この退職理由によっては、どんなに優秀な人材でも不採用となってしまう可能性がありますので、面接官が納得する退職理由をしっかりと準備しておきましょう。

例えば、人間関係が悪いからや自分のやりたい仕事ではなかったということを退職理由として話す方がいますが、このような理由は面接官の誤解を招く可能性がありますので注意してください。
まず、人間関係についてですが、これはどこの会社にいっても考えられることなので、そのような時に自分がどのように取り組んだのかということを説明できるようにしましょう。

面接官が納得できない場合は、また同じような理由ですぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。
次に、自分のやりたいことではないという理由についても自分勝手なイメージを持たれてしまわないようにしなければいけません。例えば、ある程度その仕事の経験を積む中で自分が今後どのようになりたいかということが見つかった結果、転職という選択肢を選んだという伝え方をした方が面接官の印象は良いと思います。

質問③いつから入社できますか

質問自体は難しいものではありませんが、慎重に返答しなければいけません。
特に、急募などの求人の場合はすぐにでも働ける方を求めていますので、入社までにあまりにも長い期間を要する方は敬遠されてしまいます。

一般的には、1ヶ月から長くても2ヶ月ぐらいまでと考える会社がほとんどです。
面接での評価が同じぐらいの方がいたとしたら、入社までに2ヶ月かかる人よりも1ヶ月で入社できる人を採用することになります。
このため、内定をもらうことだけでなく、円満退職のための準備もしっかりとして転職活動を進める必要があります。

面接ではさまざまな質問をされますが、その目的は一緒に働きたいと思える人材を見つけることです。良い意味で他の人と違うところをアピールする必要があります。また、良い意味で他の人と同じところもアピールする必要があります。
つまり、常識や協調性を持っていて、人よりも優れた点があるということをアピールすれば面接突破につながります。
どんな質問がきても落ち着いて自分の考えを伝えるようにしましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

面接でこれを言ってはいけないNG発言!

転職活動というものは、多くの人にとってははじめての経験になります。新卒時に行う就職活動とは若干異なるため、転職独特の注意事項が必要です。面接では、転職特有の「これを言ってはいけない」というNG事項があります。どのような点に注意すればよいのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 63027 view

意外と忘れてないか?大切な面接マナーの再確認

面接の約束を取り付けていよいよ面接!となった時、ふと面接なんて受けたのは何年振りだろう、面接のマナーは大丈夫だろうか?と不安になった人もいるんじゃないだろうか?不安なら、この記事をお気に入りにでもして確認しておくことだな。

Mr.転職エージェント / 4402 view

面接の返答において意識すべきポイント

面接といえども相手とのキャッチボールですので、日常の会話の延長線上で考えておくということは悪いことではありません。ただし、ビジネスで耐えられる会話となっていなければなりませんので、そこは注意が必要となります。

現転職エージェントの為になる話 / 73378 view

転職アタッカー

転職を色んな角度から切り込んでいきます!!!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ