1.アプリケーション開発エンジニア

求人数が多いIT業界の中でとりわけその数が多いのが「アプリケーション開発エンジニア」です。多くのシステムインテグレーターでは、全従業員のおよそ70%がこの職種に従事しています。アプリケーション開発エンジニアは、顧客の業界別にセクションが分かれています。たとえば、金融、官公庁、流通・製造、医療・・といった具体です。これは、アプリケーションを開発するにあたって顧客の業務知識が必須となるためです。銀行の勘定系システムを開発するにのに必要な業務知識は一朝一夕で身につくものではありません。また、銀行の業務知識があるからと言って、医療系システムの開発をスムーズに担えるかというと難しいものです。ですから、この職種は相対する顧客をどの業界にするかによって、仕事内容が変わってきます。多くの求人も業界・産業別に分かれているはずです。

2.基盤インフラ開発エンジニア

IT業界の中で2番目に求人数が多いのが基盤インフラ開発エンジニアです。文字通り、サーバ、ネットワーク、ストレージ、モバイル、クラウドなどのITインフラ基盤を開発することが役割です。アプリケーション開発エンジニアと大きく異なるのは、この職種が業界、産業別ではなくテクノロジー単位となっている点です。サーバに詳しいエンジニアは、金融も製造も官公庁も関係なく担当します。基盤インフラは基本的には業界に左右されない共通のものだからです。もう1つの特徴は、ほかの職種と比較して求人数が毎年一定していることです。いわば経済状況や企業の業績に左右されない職種と言うことができます。基盤インフラは通常5年程度でメーカーのサポートが終了するからです。つまり必ず更改を迎えるのです。ですから、導入先の企業は必ず新しい基盤インフラを開発しなければならないのです。昨今の進歩が速い技術トレンドをいち早く吸収して仕事に活かすことのできる魅力的な職種といえます。

3.営業職

IT業界の中でも営業職は存在します。どうしてもエンジニア職に注目が集まりますが、営業による仕事の受注があってのエンジニアです。開発案件の入り口は営業です。特に、大きな開発案件では数十から数百億円の規模となりますが、これらの入札に参加して受注できた時は大きな達成感を味わうことができるでしょう。ですから、他の業界の営業職と比べてもチャレンジングな分、人気のある職種なのです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

コンサルティング業界へ転職した場合の待遇はどうなの?

コンサルティング業界は所属している人が少ないだけに、あまり会社の中の情報が表に公開されていません。秘密に包まれたコンサルティングファームの内情を解説してみます。

現転職エージェントの為になる話 / 1424 view

IT業界への転職は30代前半まで!?

IT業界といえばシステム構築、Webページの作成、ソーシャルネットワークの作成、最近だとアプリの作成なんかも有名ですね。こういった業界で働いている方は20代後半から30代前半が中心。他の業種に比べて30代後半の割合が少なくなっていて転職が難しいのが現状です。

転職エージェントガール / 1754 view

残業が多い業種、少ない業種を検証!そして年間休日が多いのは?

ここでは業種別の残業時間について検証していきます。 また年間休日の多い業種についても併せて見ていきます。 一般的なイメージでは飲食業界の残業の多さがクローズアップされています。 しかし1位は意外な業種がランクイン! その気になる業種とは・・・?

転職さん / 2079 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ