1.納期前の追い込みはやっぱり厳しい

IT業界の仕事の忙しさは、それが描く曲線の高低の差が激しいことで有名です。納期というのはどの業界にも共通して存在するものですが、とりわけプロジェクト要素の強いシステム開発では、納期を厳守することが絶対です。これは、システム移行作業が何か月もかけて計画化するものであるからこそ、百人単位の人々がその日程を意識して仕事を進めることになります。誰か一人の作業が遅れるとその影響範囲は限りなく広いため、それぞれが納期を意識して仕事を行います。一方で、プログラムや設計に潜んでいるバグ(欠陥)というものは納品の直前のテスト工程で発見されます。IT業界の納期前の仕事の忙しさは、まさに納品直前のバク除去作業にあるといっても過言ではありません。休日返上はもちろん、平日は終電帰りや徹夜勤務が何日も続くことが頻繁にあります。これはIT業界に勤める際には覚悟しなければならないことなのです。

2.プログラマーから抜け出すのが大変

IT業界はピラミッド構造です。これは会社の委託関係だけでなく、職種にも言えるものです。ピラミッドの頂点に君臨するのは、ほんのひと握りのプロジェクトマネージャーやITコンサルタントです。一方で、もっとも低層に位置するのがプログラマーです。実は海外では優秀なプログラマーは会社内でも高い地位を認められるのですが、日本国内ではやはり過去のイメージが先行して低い立場にあります。しかも、なかなかその上のシステムエンジニアに上がれないのです。抜け出すためには経験を積むことで次第に任されるようになる部分的な設計工程を確実にやり遂げることです。そして、少しずつ設計できる範囲を広げ、周囲に認められていくことでシステムエンジニアへの道が見えてくるのです。

3.顧客の仕様変更が最大の敵

システム開発を進めていくと、必ずと言っていいほど顧客から仕様変更が出されます。この仕様変更、受託する側は改めてコストを見積もり、スケジュールを定める権利があるのですが、実際の現場では予算も限られており、納期も動かせないことがほとんどですので、システム会社が背負う羽目になるのです。突然雷に打たれたような衝撃が現場に走ったのもつかの間、これを黙って対応しなければならないのがIT業界です。この仕様変更を回避できる調整力と交渉力を身に着けてこそ優秀なマネージャーなのですが、なかなか上手くいかないのが現実なのです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

金融業界に転職したいけど仕事内容ってどんなもの?

どこか華やかなイメージのある金融業界ですが、実はその業種によって全く違うのです。ここでは、社風や文化を中心に金融業界の中を解説してきます。

現転職エージェントの為になる話 / 1066 view

製造業における求人募集について

製造業と一言で言っても、食品・車の部品等、種類は様々です。自分に合った製造業はなにか? と考えた時、あまり経験した事のないジャンルが多いのと、勤務時間や手当ての内容を見て、少し不安にもなります。

転職忍者 / 2308 view

IT業界への転職にあたって仕事内容はどんなものがあるのか

転職市場において、もっとも人材の流動性が高く、求人数が多いのがIT業界です。一言にITといっても様々な職種が存在します。ここでは、求人数の多い順に代表的な職種3つを紹介し、それらの仕事内容の概要を解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 1236 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ