1.超優良な処遇で社員を支えている

全業種の中でも確実にベスト3に入ると言われるのが金融業界の処遇です。安定性抜群の給与処遇が約束されます。金融機関はどこも盤石な経営基盤を持っています。例え景気が悪くて、業績が下降しているときであっても一部の外資系金融機関を除いてボーナスが大幅に減額されるということはほとんどありません。どの年度も支給月数にして0.1から0.2か月程度のブレ幅で推移します。また、総合職といわれるエリート集団の給与は破格。30代そこそこで1千万円を超える水準の会社も少なくありません。

このように非常に良い処遇を保証しているのには理由があります。金融機関は信用が第一です。不正を働いた社員がいたり、犯罪に手を染めた社員がいるのに、誰がその会社の金融商品を購入するでしょうか?社員を経済的に安定させることは、自社を守るためでもあるのです。

2.住宅環境も充実している

一般的に大手といわれる銀行、保険、証券各社では全国各地に支店を持っています。金融業界で働く社員にとって全国転勤というのは避けられれない宿命なのです。数年で新しい土地に住むことは大変かもしれませんが、その分会社が住宅環境はバックアップしてくれます。たとえ単身赴任であっても、かなり広めの家を格安で借り上げて提供してくれるのです。もちろん、家族そろっての転居でも心配ありません。金融機関に勤めている限り、住宅の心配は無用なのです。

3.福利厚生の多くはカフェテリアプラン

今の時代のように、人々のライフスタイルや働き方が多様化している中で、用途が限定された福利厚生サービスというものは社員にとってあまり嬉しくないものです。例えば大手フィットネスジムと提携して、安価な会費で入会、利用ができたとしても、運動することに興味がない人や自宅の近くに該当するジムの店舗が無ければ、そのサービスは無意味なものになってしまいます。金融業界の多くはさまざまな種類の福利厚生サービスを提供する代行会社にアウトソースし、社員のニーズに幅広く対応できる仕組みを採用しています。いわゆるカフェエリア形式というものです。決められた上限額以内であれば、フィットネスジムの割引だけでなく、書籍の購読、英会話スクール、人間ドック、変わったところでは宅配ピザの割引まで実にバリエーションに富んだメニューが用意されています。人口減少に歯止めがかからない日本において、社員のバックアップ体制に力を入れて採用力を強化しハイスペック人材の定着を実現しているのです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

第二新卒の転職活動について

転職ということ自体が珍しくなくなった昨今において、若年層で大きな決断をする人も増えてきています。いわゆる第二新卒の枠です。とはいえ、なかなかこの年代の転職について情報が存在しないため、ここではリアルな実状をお伝えします。

現転職エージェントの為になる話 / 993 view

商社の仕事内容とは?1日を追ってみた!

商社マンの仕事内容に興味がある方も多いでしょう。 営業と何が違うのか気になる人も多いはず。 ここでは商社マンとして働く方に1日のスケジュールを教えてもらいました。 その実態は体力勝負の現状があることが判明!

転職エージェントガール / 8599 view

大手外資系の営業職から日系の中小企業営業職への転身 -転職して良かったこと-

大手外資系から中小企業への転職をしたことで良かった面もありました。その良かった面を紹介していきます。

ママエージェント / 1252 view

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ