1.超ハードワークに対して超高給

コンサルティングファームの多くは裁量労働制が適用されており、基本的には超過勤務や残業時間といった概念が存在しません。評価はすべて発揮した成果と顧客にどれだけ価値を提供したかというパフォーマンスで決定します。1人に課せられている業務量は一般企業の2倍に相当すると言われますし、価値を見出すために妥協は許されない環境で働いていることから自ずと労働時間は長くなります。午前様は当たり前、睡眠時間は2〜3時間という日が続くことも珍しくありません。特に外資系コンサルティングファームはこの傾向が顕著です。

ただし、この超越した労働時間に報いてくれるのが高額な報酬体系です。モチベーションが低下しないのは、この高い給与水準にあります。評価が高い社員になると、数千万円の年収になることも珍しくありません。短期間できわめて高い成果を出すことを求められる職種ですが、何しろコンサルタントが出すアウトプット次第で顧客の業績を大きく変動する可能性があるのですから、高年収は当然といえば当然です。

2.会社が社員を全力で支える体制

コンサルティングファームは一般的に社員に厳しいイメージがあると思います。つまり、日本の通常の会社のように自分が退職を言い出さない限りは将来にわたって身分が保証されているという環境とは真逆のup/outと言われるイメージです。ところが、これは日本では少し異なります。たとえば、早朝に会社に出社したら自分の机がなくて、パソコンにログインするIDが無効化されているというエピソードは聞いたことがありません。あくまでこれは海外での話です。日本では、会社が社員が十分なパフォーマンスを発揮できるように十分なバックアップを行います。1回数十万円の社外研修に派遣することを厭いません。社員はコンサルティングファームにとっては商品そのものですから、その商品が高い値段で売れるように磨いてくれます。若いころにコンサルティングファームに勤めていた人が会社経営したり会社の重要なポジションを就くことが多いのはそのためなのです。ですから、決して恐れることなくチャレンジしてみてください。

3.福利厚生はほとんど無し

その代わりと言うわけではありませんが、福利厚生と呼べるサービスはほとんどありません。現金支給が基本のコンサルティング業界において、支給されるのはせいぜい住宅手当くらいです。この福利厚生に限っては、期待しないことをお勧めします。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

第二新卒の転職活動について

転職ということ自体が珍しくなくなった昨今において、若年層で大きな決断をする人も増えてきています。いわゆる第二新卒の枠です。とはいえ、なかなかこの年代の転職について情報が存在しないため、ここではリアルな実状をお伝えします。

現転職エージェントの為になる話 / 1011 view

飲食業界への転職を考えているならこの3つをチェックすべし!

飲食業界はあまり良い評判を聞きませんね。 「サービス残業ばかり」、「休みが少ない」、「給料が安い」、「若い時しか働けない」など。 それでも飲食業界に転職したいなら、3つのチェックポイントを事前に調べてから検討しましょう。

転職さん / 1506 view

大手外資系の営業職から日系の中小企業営業職への転身 -転職して良かったこと-

大手外資系から中小企業への転職をしたことで良かった面もありました。その良かった面を紹介していきます。

ママエージェント / 1290 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ