1.超実力主義で若くても出世可能

コンサルティング業界の一番の特色は超が付くくらいの実力主義であるということです。つまり、仕事ができる人には例え20代であっても相応の大きな案件を任せる文化があり、その働きに見合った報酬を払う制度が存在します。30代であっても、課長はもちろん、部長クラスのマネージャー、あるいは新進気鋭のベンチャー会社であれば役員待遇といったことも決して珍しいことではありません。この特徴的な制度は、年功序列で、バブル世代でほとんどのポストを埋め尽くしている会社に勤めていると実感がわかないかもしれませんが、実は海外では当たり前です。年下の上司、年上の部下というのは日常茶飯事ですし、むしろ年齢や入社年次などは気にしません。

関連してもう1点特徴的なことは、コンサルティング業界に勤めている多くの人が転職組であるということです。もちろん新卒で入社してプロパー組もいますが、おおよそ半分半分の割合という会社が多いのです。ですから、転職で入社してもスムーズに仕事をできるための研修プログラムがあり、文化としても非常にフランクです。これは転職そのものがどこか異質と捉えれる日本の多くの企業ではありえない話ですが、大きなメリットと言えます。

2.身につくスキルも一級品

実はこの習得できるスキルというのがもっともコンサルティング業界に勤めるうえでメリットになる要素かもしれません。一言でいえば、極めて短い期間で大量かつ質の高いアウトプットが求められます。そして、思考はいつもゼロベースです。社内の膨大なデータベースから使える材料を見つけ、自らが仮説を立てて、それをあらゆる角度で検証して第三者的に妥当な結論を導くのです。これを何度も繰り返えし行うことで短期間で成長できるのです。特に20代にとっては、この厳しくもやりがいのある環境は普通では得難いものですので非常に貴重だと言えるでしょう。

3.高待遇での転職が可能に

成長した分だけ、市場価値が高まるものです。経験、スキルを飛躍的に高められると、今度は他社の人事が欲しがるのです。この成長と待遇の良い転職が可能となる循環モデルこそがコンサルティング業界に所属することのわかりやすいメリットです。コンサルティング業界に留まるも良し、事業会社で力を発揮するも良し。いずれにしても、実力のある人にとってはそれに報いてくれる制度がある業界なのです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

第二新卒の転職活動について

転職ということ自体が珍しくなくなった昨今において、若年層で大きな決断をする人も増えてきています。いわゆる第二新卒の枠です。とはいえ、なかなかこの年代の転職について情報が存在しないため、ここではリアルな実状をお伝えします。

現転職エージェントの為になる話 / 890 view

ホームヘルパー1級、2級だけじゃ転職が難しい!?介護業界の実態とは!

ホームヘルパーの1級、または2級を有していて、新たに転職しようと考えている方もいるでしょう。 しかし最近ではそれだけではなかなか書類審査に通過しにくくなっているのが現状です。新たにどのような資格を取得するべきなのか検証していきましょう。

転職エージェントガール / 1260 view

大手外資系の営業職から日系の中小企業営業職への転身 -転職して大変だったこと-

次の転機を迎えたのは30歳の時です。27歳で転職した企業にも慣れ、不満もそこまではありませんでしたが、外資系で長年営業職として働く中での大変さや、プライベートな時間の確保を目指して転職しました。

ママエージェント / 1358 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ