簡単に自己紹介をお願いします

面接の一つ目によくある質問です。
簡潔にまとめ、自分の性格や経歴など分かりやすく伝えられるようにしておきましょう。目安としては20秒から30秒程度が良いでしょう。

前職の退職理由は?

会社の組織の人間として、「なぜ前職を辞めたのか」というのは気になるところです。
一身上の都合ならまだしも会社にとって不利益を被るようなネガティブな内容だと採用を見送るケースがあります。
前向きな要素を取り入れつつ、説明できると良いでしょう。

当社の志望理由とは?

これも鉄板の質問の一つ。
ありきたりな答えではなく、その会社のことを理解した上で回答すると良いでしょう。決して他の会社の志望動機を使いますのはやめましょう。

将来の希望やイメージしていることはありますか?

会社に入った後にどのような仕事をしたいのか、プランを考えているのかを具体的に説明することで仕事に対しての意欲を伝えることができます。
「入った後に考えます」や「まだ具体的なイメージがわきません」という回答はNGです。

あなたの長所を聞かせてください。

性格的な長所、業務においての長所どちらでも良いですが、より具体的な説明が入っているとベストです。例えば、クリエイティブ系の仕事なら具体的なソフト名を挙げて使いこなすことができるというアピールや実際に作成した制作物を見せるというのも一つの手段です。

他社の面接は受けていますか?

実際に複数社の面接を受けている場合は素直に回答した方が良いでしょう。
ただ、「他社が第1志望」という具体的な回答はNGです。もし本音はそうだとしても優劣をつけるような回答は控えましょう。

何か最後に質問があればどうぞ

一番最後は何かしら質問などを受け付けてくれます。
その際に「特に質問はありません」と答えるよりも、何か1つや2つは質問を考えておくと良いでしょう。年収や残業、休日というようなことよりも入社した後の仕事内容や職場環境を聞いたほうが前向きな印象を与えられるのでベストです。

以上、面接時によくある7つの質問についてご紹介してきました。
この質問のうち必ずどれかは質問があることが想定されますので、しっかりと準備しておきましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

面接する前に知っておきたい!面接NG集6選

転職活動の面接で、しばしば知らないうちにNG行動をとってしまう場合があります。募集条件に対して経験値やキャリアが不足しているのであれば、例え不合格でも納得できるものですが、面接のプロセスにおいて一発ノックアウトになってしまうような行動によって不合格になるのは避けたいところです。ここに書いていることを最低限頭の中に入れて面接に臨むようにしましょう。

現転職エージェントの為になる話 / 41174 view

面接時に悪い印象を与えない短所の伝え方とは!?

転職活動の際に面接で聞かれることのある「短所」について。短所とはいえ、本当に苦手なところを伝えてしまってマイナスな印象を与えたくないところです。短所とは言いつつも、決してマイナスな要素だけではないということを連想させるような回答ができればベストです。

転職エージェントガール / 1005 view

中小企業や外資系でこんなにも違った面接時の質問

転職活動の中、面接に行ったのは合計7社。その中のいくつかのパターンを紹介して行きます。

ママエージェント / 1245 view

関連するキーワード

転職エージェントガール

某転職エージェント勤務。
転職エージェントという仕事を選んでよかったと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ