1.全く見ようと見ない担当者Aさん

面接の際、事前にじっくりと目を通していたのか、私の経歴についてきちんと把握されていました。『○○なんだってね』と明らかに、書面に書いたそこの部分が気に入って面接の場に呼ばれたことが分かります。そのため、自分のPRもそこに紐づき、どんどんアピールしていきます。面接の場には、私の書類が一応おいてありますが、終始私との会話のみで終わりました。

2.履歴書、職務経歴書に沿って確認するB社

大手B社は、面接官が3名並んでおり、それぞれにわたしの履歴書、職務経歴書が並んでいます。一次面接は人事担当者とだったため、今回の面接官である方々は初めて私の履歴書、職務経歴書に目を通すのでしょう。
職務経歴書をその場でじっくり確認します。そのため、一番始めに聞かれる『これまでの経歴を教えてください』の質問に関しては何より重要です。何せ彼らは今この場で初めてそこに現れたあなたという存在を知るのですから。しっかりと職務経歴に沿って、一つ一つを繋げて説明していきましょう。また、書類に書いてあるから担当者へ伝えない、というのは完全にNGです。アピールしたいところはとことんこの場で伝えましょう。ここが何よりの勝負所です。

3.参考までに確認するCさん

こちらが一番多いケースでしょうか。大手ではない中小などに多いパターンかもしれません。担当者は一度目は通してはいますが、そこまでじっくりと確認したわけではありません。いくつかの質問を通して、『そういえば書類に書いてあったな!』と思った際は、書類をパラパラめくります。質問する際も、職務経歴書、履歴書に何度か目を通しながら、確認しておくべき点に漏れがないか、チェックしながら終始質問を繰り返します。

会社の規模や担当者により、職務経歴書、履歴書の扱いは異なりますね。ただ、いずれにしても面接に来るまでにおいては、もしくは面接の場においても何より重要なものであることに変わりはありません。完成度の高い履歴書、職務経歴書は面接での自信や、担当者への印象にも大きく関わります。後悔のないように最高の一枚を提出してください。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

一次面接で社長が対応することってあるの?

面接の際、いきなり社長が出てきて面接をするケースもあります。 これは決して珍しい事ではなく中小企業などではよくある光景です。 社長がいきなり面接対応をするときはどんな準備が必要なのか、また二次面接のときは誰が担当者となるのか見ていきましょう。

転職さん / 27473 view

【3つの処方箋】圧迫面接に対処するには?

圧迫面接は面接官があえて険悪な雰囲気を出したり、答えにくい質問を発したりしたりして就職希望者のストレス耐性やコミュニケーション能力を見る面接方法です。 近年は圧迫面接自体すくなり「都市伝説では?」という声もありますが、業界によっては慣習的に行われているところもまだまだ多いようですね。ここでは圧迫面接を上手に乗り越えるためのテクニックを解説させていただきます。参考にしてみてくださいね。

テンキンマン / 11690 view

面接を成功に導く戦略

面接はあなたを見せる最大のチャンスです。 前職で培った経験や技術に裏打ちされた、あなたのオリジナリティを示す時です。 履歴書作成から始まったシナリオを完結させる独自戦略で成功を勝ち取りましょう。

jobdesk / 2945 view

関連するキーワード

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ