・慣れない営業職へのストレス

27歳の転職では、これまで内勤だった私がバリバリの営業職への転身となりました。
営業職に抵抗はありませんでしたが、営業マインドは当時の私にはまだほぼ無く、もちろん書籍やネット、営業職に長年携わっている友人から聞いて、知ってはいたのですが、やはり聞くのと自分がするのでは大違い!慣れるまでに3か月はかかりました。そしてその3か月は毎日帰宅すると、ベッドに倒れこむ、といったかなり精神的にも身体的にも影響を受けた毎日でした。力を入れるところと抜くところがまだ分かり切れていないため日中常に気を張っていました。当時27歳だったためこれくらいのダメージでしたが、更に年齢が上であれば、慣れるためには更なる時間、もしくは順応できずに即退職、ということになりえたと思います。

・社風の変化へのストレス

そして、社風の変化もとても負担が大きいものでした。大手企業では部署ごとにきちんと業務の分担がされており、前任者からの引継ぎ、業務のマニュアル、また社内のルールなどもきちんと決まっています。そのため、困ったらこの部署、この人に確認したら良い。また、自分が担当する箇所は決まっているため、その分野についてはプロフェッショナルレベルになることが求められ、周囲も知識がとても豊富でした。
しかし、外資系では、本社が海外にあるということもありますが、一つ何かを進めるためには本社である海外の担当者へ確認する必要があったり、確認したとしても担当者からの返答がなかなかない、ということもありました。また、日系に比べて自由であるということは魅力でもありますが、チーム感は少なく、困っていても自分一人で解決しないといけないことも多いです。外資系は基本的に自分の業務以外のことはしないため、『それは私の仕事ではない』と言われることも多いです。もちろん人によりけりではありますが、一人で戦っている、という気分になり、チームプレイ感には欠けます。

いかがでしたでしょうか。こんなきつい思いをしてまでキャリアチェンジをしたくない!と思う人もいるかもしれませんが、デメリットの反対にメリットも実に多くありました。
次はそのメリット、良かった点について紹介していきたいと思います。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

休みが多い職種に転職したい!年間休日が多い仕事とは?

残業が多かったり、休みが少ないとその反動で休みの多さを第一条件に転職したいと考えている方もいるでしょう。 ここでは休日が少ない職種と多い職種を分析してご紹介していきます。年間にして30日以上休みが違ってきますから職種選びはとても大切です。

転職さん / 5124 view

残業が多い職種、休日が少ない職種とは?

労働者が非常に疲弊して退職してしまうケースが多いのがサービス業やメディア関連。 具体的にどれぐらいの残業時間や休日日数となっているのか詳しくご紹介していきましょう。年間休日が100日を切ってしまう職種も・・・。

Haruno / 6523 view

未経験でも年収500万円以上の仕事がたくさんあるって知ってた?

未経験でも平均年収が500万円以上超える仕事は実は世の中にたくさんあるんです。 DODA調べによると、2015年の平均年収は440万円。未経験で500万円というのはちょっと目指すには高すぎる印象があります。 しかし未経験でも500万円を達成している仕事があるので紹介していきましょう!

転職さん / 1928 view

関連するキーワード

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ