・慣れない営業職へのストレス

27歳の転職では、これまで内勤だった私がバリバリの営業職への転身となりました。
営業職に抵抗はありませんでしたが、営業マインドは当時の私にはまだほぼ無く、もちろん書籍やネット、営業職に長年携わっている友人から聞いて、知ってはいたのですが、やはり聞くのと自分がするのでは大違い!慣れるまでに3か月はかかりました。そしてその3か月は毎日帰宅すると、ベッドに倒れこむ、といったかなり精神的にも身体的にも影響を受けた毎日でした。力を入れるところと抜くところがまだ分かり切れていないため日中常に気を張っていました。当時27歳だったためこれくらいのダメージでしたが、更に年齢が上であれば、慣れるためには更なる時間、もしくは順応できずに即退職、ということになりえたと思います。

・社風の変化へのストレス

そして、社風の変化もとても負担が大きいものでした。大手企業では部署ごとにきちんと業務の分担がされており、前任者からの引継ぎ、業務のマニュアル、また社内のルールなどもきちんと決まっています。そのため、困ったらこの部署、この人に確認したら良い。また、自分が担当する箇所は決まっているため、その分野についてはプロフェッショナルレベルになることが求められ、周囲も知識がとても豊富でした。
しかし、外資系では、本社が海外にあるということもありますが、一つ何かを進めるためには本社である海外の担当者へ確認する必要があったり、確認したとしても担当者からの返答がなかなかない、ということもありました。また、日系に比べて自由であるということは魅力でもありますが、チーム感は少なく、困っていても自分一人で解決しないといけないことも多いです。外資系は基本的に自分の業務以外のことはしないため、『それは私の仕事ではない』と言われることも多いです。もちろん人によりけりではありますが、一人で戦っている、という気分になり、チームプレイ感には欠けます。

いかがでしたでしょうか。こんなきつい思いをしてまでキャリアチェンジをしたくない!と思う人もいるかもしれませんが、デメリットの反対にメリットも実に多くありました。
次はそのメリット、良かった点について紹介していきたいと思います。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

大手企業の事務職から外資系の営業職への転身 -全く異なる仕事について良かったこと-

物事には良い面と悪い面が常にあります。転職活動でももちろんそれは言えることで、私が27歳で転職したことで良かった、と思えたことも多くありました。

ママエージェント / 1287 view

コレができれば異業種への転職も可能!?

転職活動は同業種のみの経験が重視される傾向にあります。 ただ、そういった転職事情とは裏腹に、「新しい仕事をしてみたい」、「今までとは異なった分野に挑戦したい」という方も少なくありません。 そういった時にどのような転職活動を行えば、新しい分野での内定がもらえるのでしょうか。

Haruno / 974 view

システムエンジニアを目指すならどんな資格を取得すればよい?

システムエンジニアになりたいと考えた時どのような資格があれば転職に有利に働くのでしょうか。 ある程度実務経験があればそこまで資格にこだわる必要はないのですが、未経験の方や職歴が浅い方は資格も考慮した方が良いでしょう。ベンダー資格などがあれば武器になるはずです。

Haruno / 7032 view

関連するキーワード

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ