・新しい経験を積むことができた

それはやはりこれまで積めなかった経験が出来る、身につく、キャリアアップ出来る。という一言に尽きるのではないでしょうか。
未経験の際に営業職の友人から話を聞くこと、書籍などを通じて情報として知ることとは全くことなり、身をもって経験することで、より具体的にわかります。

そして、その未経験の仕事をすることで、自分はこの部分はとても得意である、ということ、この部分はあまり得意でない、ということもより具体的にわかることが出来ます。
私の場合であると、営業として、ニーズを引き出すことはとても得意である、ということが分かりましたしそこを利用してどんどん提案していきました。その一方で、全くNGと考えている人の気持ちを振り向かせることは難しく、ベテラン営業の先輩がそれをいとも簡単に行っているのを見て、経験の違い、個人の素質の違いを強く感じました。

これらの短期間で身に着けた経験は、その後3年間その企業で働く中でどんどんスキルアップをすることが出来、その後更に転職をすることになるのですが、1社目からは想定も出来なかった企業への応募も出来るようになります。まさにキャリアの幅が広がりました。

・これまでの経験も活かすことができた

長年事務職として前職で働いていた私は、社内処理のことであればある程度全般的に理解しておりましたし、事務処理のスピードも速く得意としておりました。
そのため、営業職となった際も、すぐに社内処理について理解することが出来、営業マンの中には全くそれらを不得意とする人が結構いるのですが、全体の流れをすんなり理解することが出来ました。それは社外のお客様と話をする時にも有利であり、いちいち社内に確認しなくても、その場で説明することが出来る、自分である程度の処理をすることができるので時間の節約になる、そしてそのおかげでクライアントに信用されました。

また、他の営業マンが理解もせずに事務に伝える一方、自身は事務処理について理解しているため、具体的な指示を出すこともでき、社内側とも良い関係を保つことが出来ました。
そのため、キャリアチェンジで全くことなる営業に変わったからと言って、これまでの経験が無駄になったとは全く感じることなく、むしろ活かすことが十分にできました。そして、前職と新しい職場の両方を知る事でより知識に深みができました。

しばらくは大変なキャリアチェンジも慣れてしまえば、最強の経験となります。今の職場で経験を積むことももちろん良いですが、新たな領域を目指すのであれば、またそれに備えて十分な体力、精神力がいまのあなたにあるのであればそれも良い選択だと思います。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

大手企業の事務職から外資系の営業職への転身 -全く異なる仕事について大変だったこと-

転職における『キャリアチェンジ』年齢が若ければそれもありでしょうし、若くはなくても、本人の希望で、もしくは転職先でたまたま、全くこれまで経験したことがない業務に携わることは十分にあり得ることでしょう。 わたしも、27歳と30歳の転職の際にそれぞれ全く異なる仕事につきました。その時に感じた大変だったこと、良かったことを紹介していきたいと思います。

ママエージェント / 1019 view

未経験で一般事務に転職することは可能なのか

求人募集を見ていると「未経験OK」の一般事務の仕事がよくありますね。 ただ未経験OKとはいえ、どんな仕事を行うのか、どんなスキルが必要になるのか気になる所です。 ここでは一般事務の仕事内容や転職をする上で有利になる資格やスキルについてご紹介していきます。

転職さん / 5595 view

転職で30代が重宝される職種があるってホント!?

30代での転職となると、どうしても選択肢が狭まってしまい、内定を得るのも苦労するというイメージがありますね。 実際に異業種への転職となると困難が待ち受けています。 ただ、職種によっては30代でも重宝されているものがあるんです。具体的にどういった職種があるのかご紹介していきましょう。

Haruno / 4256 view

関連するキーワード

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ