・自由のない大変さ

外資系で働く中では自由さは十分にありました。きちんと目標が達成できていれば細かいことに口出しもされませんでしたし、見た目も派手な人が多かったように思います。しかし、中小企業ではそうはまったくいきませんでした。毎朝の朝礼に始まり、スピーチ、更には身の回りの整頓や服装、態度にまでこと細かく指導がされます。それは外資系にしばらく居たわたしにとってとても窮屈にも感じるものでした。

また、前職の外資系はそこまで他人に干渉する人が少なかったように思いますが、中小の営業職では、社内の噂が絶えませんし、世間で言うお局様は本当に存在していました。この環境になれている人であれば抵抗もそこまでもないのでしょうが、外資系に慣れてしまった人にとって、それは地獄ともいえるものでしょう。また人数が少ないため、みんなで集まってランチを食べることも多く、気が合う人ばかりであればいいのですが、少数のメンバーが全員集まるわけで、タイプも全く様々なわけです。仕事以外の気苦労が多くあったように思います。何より人との濃厚な付き合いがとても重視されるのです。

・社内環境

これは中小だからと言って一概にいえることでは全くないのですが、私の場合はPCが古かったり、業務マニュアルが無かったり、効率の悪い申請が必要だったりしました。

大手企業だったらこんなことで手間はとらないのに!と思うこともありましたし、外資系では必要のない細かくて(必要なのか?)申請もありました。そして困った時には結局人に確認をするしかない、という所も…。

・有給が使いにくい

これも中小だから、とは全く言えないのですが、大手に比べて最低限の従業員しかいないため、長期の休暇は難しい傾向にはあるようですね。また、短期の休暇でも自分しかできない業務が多いため、休暇中にも連絡がくる、という友人もいました。

いかがでしたのでしょうか。そんな環境は耐えられないと思う人もいるかもしれません。しかしもちろん良い面もあります。次はその良い面を紹介します。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

飲食業界への転職を考えているならこの3つをチェックすべし!

飲食業界はあまり良い評判を聞きませんね。 「サービス残業ばかり」、「休みが少ない」、「給料が安い」、「若い時しか働けない」など。 それでも飲食業界に転職したいなら、3つのチェックポイントを事前に調べてから検討しましょう。

転職さん / 1152 view

IT業界へ転職した場合のデメリット

メリットがあれば裏返しのデメリットがあるのが世の常です。IT業界も良い面だけでなく、つらく厳しい現実を見つめなければなりません。長い会社人生を過ごすうえで、きちんとデメリットを理解して入社するようにしましょう。

現転職エージェントの為になる話 / 740 view

転職希望者必見!総合商社と専門商社の違いとは

ここでは総合商社と専門商社の違いについて紹介していきましょう。 求人募集を見ていると2つの求人を目にすることがあります。 なんとなくのイメージでしか理解していない人も多いかもしれませんので、詳しく違いを説明していきましょう!

転職エージェントガール / 469 view

関連するキーワード

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ