・営業数字へのストレスは少なくなった

外資系は数字がすべてであり、その過程などはほぼ関係ありませんでした。他の営業に助けてもらうこともほぼ無く、自分の仕事は自分の仕事。自分の目標は自分だけで達成しなければいけません。とても孤独な戦いですし、周囲はライバルです。

しかし、転職後はそこまで営業の数字にも厳しくはなくなりましたし、チームで数字を達成する、みんなで協力して、という雰囲気でした。それはもちろんプレッシャーは多少はありますがその大きさは全く異なるものでした。終業後にチームで飲みに行くこともありましたし、上司は常に私を気にかけてくれました。困ったことがあれば周囲に相談も出来ますし、クライアント情報などもすべて共有していました。

・地に足をつけて働いている感じがある

福利厚生はきちんとしていましたし、残業時間も体を壊すようなものでは全くありませんでした。(これも企業によりけりですが)休日はたまに社内のイベントもあり、社員の家族と集まることもあり、これは私が社会人になって初めての経験でした。結婚している社員も多く、仕事と家庭を両方とも大切に出来る環境だったのではないかと思います。

・意外と子持ちママも働きやすい

1社目の大手では子持ちママもばりばり働いていました。しかし2社目の外資の営業女性は全員独身でした。しかし、中小のこの企業で営業職で働く女性には子どもが2人、3人といる女性がいました。それは残業時間が少ないこともありましたが、企業規模が小さいからこそ、上司と話して色々融通をきかせてもらいやすい事、人材が不足しているからこそ子どもが出来ても長く働いて欲しい、という会社の要望もあります。

産休や育休はいまや企業の義務でもありますし、あなたがその職場で必要な人であるのであれば、企業の大小かまわず、働き続けることは可能なのだと思いました。

転職は生活を大きくがらっと変えます。出会う人も全く変わりますし、社内の雰囲気によって自身が影響されることも多いでしょう。転職をした後、だれしも前の職場がなつかしくなることはあると思います。以前の企業のここが良かった、とか長年共に過ごした仲間のありがたさにも気づくことも多いと思います。

しかし新しい職場にも必ず良い面もありますし、転職をした以上、過去にすがるのではなく、今を見つめてそこでキャリアアップして欲しいです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

飲食業界への転職を考えているならこの3つをチェックすべし!

飲食業界はあまり良い評判を聞きませんね。 「サービス残業ばかり」、「休みが少ない」、「給料が安い」、「若い時しか働けない」など。 それでも飲食業界に転職したいなら、3つのチェックポイントを事前に調べてから検討しましょう。

転職さん / 1339 view

製造業における求人募集について

製造業と一言で言っても、食品・車の部品等、種類は様々です。自分に合った製造業はなにか? と考えた時、あまり経験した事のないジャンルが多いのと、勤務時間や手当ての内容を見て、少し不安にもなります。

転職忍者 / 1916 view

IT業界への転職にあたって仕事内容はどんなものがあるのか

転職市場において、もっとも人材の流動性が高く、求人数が多いのがIT業界です。一言にITといっても様々な職種が存在します。ここでは、求人数の多い順に代表的な職種3つを紹介し、それらの仕事内容の概要を解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 974 view

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ