・転職できる人と出来ない人

転職を何度もする友人もいますが、彼女はとても仕事が出来ます。だから何度も転職が出来るのです。そして、ただやみくもに転職をしているわけではありません。職場が嫌になったからと言って転職をしているわけでもありません。彼女には目標があり、毎回転職のたびにその目標により近い職場に転職しているのです。そしてそれぞれの職場でしっかりと新しいキャリアを積み、決して短期でやめるわけではなく、より成長できるような職場をみつけた時、待遇が恵まれた場所をみつけた時に彼女は決断するのです。

この先も彼女は転職をするでしょうし、おそらく彼女であればどこへ行っても重宝がられるでしょう。

その一方で、転職したいしたい、と言葉だけで言いながら転職しない友人も多くいます。何度も職場のぐちを聞かされ、『だったら転職したら?』と言っても、『でも…』と結局同じ職場で転職しないまま早5年過ぎます。ただ愚痴を言いたいだけならそれはそれで問題はないのですが、もし仮に本当に転職したいのであればさっさと行動するべきです。年齢とともに市場で価値は低下しますし、同じ職場で万が一あまりキャリアにならないような経験しかしていない場合、更に転職が難しくなります。現状の職場で、将来的に定年まで勤めあげることができるのであれば、定年まで働く予定であれば問題ないですが、『いつかは転職しよう』と考えているのであれば、その時期を決めることは大切なことでしょう。

・転職を繰り返すことで得られるものとは

転職を繰り返すことで新しい経験を積むことも出来ますし、あなたの実力次第では給与アップ、待遇アップも可能です。将来的にやりたい仕事がある場合、一度の転職で完全にその仕事に就けるかはわかりませんが、徐々に経験を積むことで、少しずつその仕事に近づくことも出来ます。

・転職に向いている人、向いていない人

初めにお伝えした、目標のために転職を繰り返す彼女は、転職に向いていると思います。環境に柔軟になれることが出来ますし、過去のことをぐちぐちと話すこともありません。新しい環境で前を見て、環境の変化を楽しみながら常に働いています。

しかし、転職に向いていないだろうな、と思う人もいます。一つの職場でしっかりと勤め上げ、その中で生涯をかけてやっていきたいと考えている人。環境の変化に弱く、新しい人や環境に適応することに時間がかかる人。また、新しい環境に慣れるだけの精神的エネルギーや体力を今持っていない人などが考えられます。これらの人が転職をするということは、かなりのリスクがつきまとうと言わざるはえません。それは転職というものは絶対はないからです。もしかすると現状よりも悪い環境になる可能性だってありますし、自身が思い描いていた企業とは違っている可能性だってあります。そんな際に、それでもそこで働くことが出来るのか。順応することが出来るのか。それをよく考えてから行動には移すべきでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

内定をなかなかもらえない!という人がするべき3つの事

長引く転職活動に焦りを感じる転職者は少なくありません。しかし、何事も簡単にはいかないものです。 まして、転職という人生における難関は、そう簡単に崩せるものではありません。転職活動が長引いてしまったら、一度気持ちをリフレッシュして仕切り直すのも大事な事です。

テンキンマン / 7931 view

2回目の転職を成功させるポイント②

ここでは、2回目の転職活動を行動に移すにあたっての留意点を解説します。最後の転職にするための必須事項です。

現転職エージェントの為になる話 / 9646 view

転職活動は働きながら行うのが良い!?そのメリットとデメリットとは?

転職活動を行うときは現職の仕事を続けながら行うか、あるいはきっぱり辞めてから行うか迷うところですね。時間的な余裕、あるいは金銭的な余裕など様々な理由があって人それぞれでしょう。 ここでは現職の仕事を続けながら転職活動を行ったときのメリットとデメリットについてご紹介します。

Haruno / 1067 view

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ