・持ち駒がどんどんなくなってくる

転職活動を進めるにつれて、厳選した5社に応募したとしても、そのうちで面接まで進める企業は数社、もしくは最悪全部書類審査で通らない、ということだって起こります。また、書類選考が通過し、複数社の面接に進むことが出来たとしても、一次面接、二次面接、とふるいにかけられるにつれて、持ち駒は少なくなってしまいます。

最終的に内定をいくつか得ることが出来ればいいのですが、最終面接の時点でもう一社もない、本命だった企業に一次面接の段階で落ちてしまった、ということだって十分に考えられます。

そんな時、またその段階から書類での応募を始めると、他の企業の選考スケジュールとは足並みがそろわず、たとえ内定をゲットしたとしても、足並みのそろわない企業の選考中、ということが十分にありえます。そして、内定をいただいてからどんなに待って頂いても1週間前後ですよね。そうすると、それしか選択がないからその企業に決める、もしくは他が気になるからせっかくもらった内定を他の結果のわからない企業のために断る、ということにもなりえてしまうのです。

わたしもこの経験があり、まだ一次面接の連絡をいただいた企業と内定が決まった企業を比較し、どうしても前者が気になり内定を辞退した経験があります。ぎりぎりまで待って頂きましたが、さすがに企業が待てないところまで来てしまい、迷った挙句に辞退しました。結果、前者の企業も二次面接で落ちてしまい、結局まったく振り出しから転職活動を行うことに…。

・比較できる

複数企業を応募していると、面接の雰囲気、待遇などを比較することが出来ます。
全く同じ業界のポジションの企業であったとしても、雰囲気はまったく異なったりもしますし、任される範囲が異なることだってもちろんあります。

初めの求人票からわかることはある一部の情報であり、いくら待遇や知名度があるからと言っても、あなたにとって本当に働きやすいのか、求めていた環境なのかはわかりません。人材エージェントに登録している場合は、コンサルタントから企業の雰囲気を聞くことや求人票からだけではわからない情報も聞くことが出来るかもしれませんが。それでも、エージェントを利用した場合であっても、やはり肌で直接感じること、担当者に会って質問することをお勧めされます。在職中に転職活動を行うのであれば忙しいから、応募企業を絞りこみたい、というところが本音でしょう。しかし、忙しいあなたであるからこそ、初めは欲張り、同じスケジュールで転職活動の期間を短縮して、負荷を減らして欲しいと思うのです。

いかがでしたでしょうか。転職活動で欲張ることは決して悪いことだとは思いません。できる限り多くの企業を短期間の間に見て、最良の選択をして頂きたいです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

解雇されてしまうリスクがある「してはいけない」転職活動とは?

転職活動を在職中に行っている方も多いでしょう。 だいたい6割程度の方が在職中に転職活動を行っているといわれていますから、決して珍しい事ではありません。しかしその活動方法を注意しないと思わぬトラブルになって解雇されてしまうことも・・・。

Haruno / 10629 view

内定をなかなかもらえない!という人がするべき3つの事

長引く転職活動に焦りを感じる転職者は少なくありません。しかし、何事も簡単にはいかないものです。 まして、転職という人生における難関は、そう簡単に崩せるものではありません。転職活動が長引いてしまったら、一度気持ちをリフレッシュして仕切り直すのも大事な事です。

テンキンマン / 7676 view

転職で陥りがちな、よくある5つの失敗例とは

ここでは転職の準備を怠ってしまい、内定を得ることができなかった失敗例をご紹介していきます。準備不足がキッカケで落ちてしまうのはもったいないですね。 転職で気をつけておきたいポイントを見直すことで内定率も高まります。

Haruno / 3617 view

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ