1.失業保険の申請

もし、会社理由で突然クビになった場合は、管轄のハローワークへ行き申請することで失業手当を比較的早く、長く受給することが出来ます。また自己理由で退職した場合でも、申請することで90日後から失業手当受給することが出来ます。この失業保険を受給している間に、他の仕事(アルバイトなど含む)は基本的に行うことはできませんが、ハローワークに相談の上、正しく申請することで、アルバイトを行った日は失業手当は支給されませんが、行っていない日は受給することも可能です。

いずれにしても支給される日数が決まっているため、あなたの状況に応じて決めてください。詳しくはハローワークの担当者に確認することをお勧めします。

2.アルバイトなどを行う

体の不調などで退職してしまった場合はすぐにアルバイトとはいかないかもしれませんが、失業保険がすぐに支給されない場合、十分にたくわえがない場合は生活に恐怖を感じる人もいるかもしれませんね。その場合、簡単なアルバイトや、もしくは最近はネット上に在宅ワークなどもありますので、それらで生活費などの補充を行うこともできます。またそれ以外にも短期の派遣社員の仕事などもあります。登録型のアルバイトサイトも多いですので、あいた時間を有効活用してください。

3.職業訓練に通う

『職業訓練』を知っていますか?こちらもおもにハローワークなどで内容を確認することが出来ます。お住まいのエリアによって受講できるものも異なりますが、転職を考える際に、『こんなスキルがあればいいのに』と考えているのであればすぐに確認するべきでしょう。これは数か月の学校に通うことができ、おまけに月額およそ10万円程度、交通費、が支給されます。また、転職のための面接がはいった場合は学校を休むこともできるため、魅力満載ですね。ただ、この受講をするためには、書類や面接を受けることが必要です。合格できたのであれば、ぜひここで力をつけながら次の就職に備えると良いでしょう。

4.転職エージェントへの登録

最後に、なるべく早く転職を共に乗り越える転職エージェントを見つける事です。

本来であれば、転職先を決めて退職することが一番望ましいことはみなさんご存じのとおりでしょう。しかしそうは言っても辞めてしまった場合、自分に必要な情報を収集して、次の仕事に備えてください。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

去り際は重要!きちんと退職しよう

内定がでて、転職成功し、最後に難関は現職の退職でしょう。どんなに嫌なオフィスであろうとも、去り際はとても重要です。抜かりなく綺麗に去りましょう。

ママエージェント / 2204 view

転職でブランクが空いた場合の言い訳なんてあるの?

転職をする際にブランクが空けば空くほどその期間について質問される可能性が高くなります。 「その期間何をやっていたんですか?」と聞かれ、どのような回答をすれば悪い印象を与えないのかご紹介していきましょう。

Haruno / 23006 view

退職後にしておいて本当に良かった!と感じている4つのこと

退職後、普段会社員として働いていたらなかなか手に入らない自由な時間を得ることが出来ますよね。わたしは退職後にこれまでできなかったことを思いっきりやりました。それらを紹介していきたいと思います。

ママエージェント / 13910 view

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ