1回目の面接ではどんなことを聞かれる?

1回目の面接では人事担当が対応するケースが多くなっています。
そこでよくある質問は志望動機、職務経歴について、自己紹介、前職を辞めた理由などが多くなっています。あまり踏み込んだ質問というよりは、よく聞かれる質問が中心です。よくある質問が多いとはいえ、他社で使っていた回答を使い回すのは御法度。
その企業に合った志望動機や自己PRを考えておく必要があります。

二次面接、最終面接でよくある質問とは

一次面接は人間性や職務経歴をチェックするケースが多く、長期に渡って仕事が続けられるかという診断チェックのようなものといえます。
二次面接以降はさらに踏み込んだ内容になってきます。上司になる立場の方が面接官となるケースも多く、その会社独自の質問が来ることが考えられます。

例えば、「弊社で販売している○○という製品があるのですが、さらに世間にPRするためにはどのような方法が良いと思いますか?」など具体的な質問をされるケースがあります。
そういったことも想定して応募した企業の製品や情報については、しっかりと勉強しておく必要があるでしょう。

1回のみの面接と複数回行う面接の違いとは

一般的に企業規模が大きいところほど面接を複数回採用するケースが多くなっています。
中小企業や少数精鋭の会社では、面接は1回のみという場合がほとんどでしょう。
1回のみの場合は単純に時間を削減して面接にあてる時間を減らしたいという企業側の狙いがあります。その分、1回の面接時間が複数回行う面接の1回分より長くなる傾向があります。

複数回行う面接の場合、役員や社長との面接の際は、給料等の下交渉は行わないように注意しましょう。人事担当の面接官の時に給料や残業時間、休日などを聞くようにしたほうが無難です。
質問する内容を面接官によって分けるという心構えを持っておいた方が良いでしょう。

以上、複数回行う面接についてご紹介してきました。
二次面接、三次面接、最終面接と最後に残れば残るほど内定を得られる確率は高まりますが、もしそこで落ちてしまうと、そこまでの時間が無駄になってしまいます。
できるだけ早く内定を得たいという場合は、面接回数というのも考慮した方が良いかもしれませんね。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

こんな人はすぐ落ちる!面接でご法度の発言3つをご紹介!

面接ではちょっとした言動や行動によって合否が決まってしまいます。 その一瞬のやりとりで不採用と決める面接官もいるといわれています。具体的にどのような発言はNGなのか。代表的事例を3つご紹介しましょう。

Haruno / 24735 view

転職面接マナーチェック~話し方編~

面接では話し方はとても重要です。癖のある話し方をする人は、面接官によっては「あ、この話し方はもうダメだわ」とそれだけで落とされてしまうこともあるのです。人と話す際に、意外とマナーが悪い人はたくさんいます。一度自分の話し方をチェックしてみてください。

転職SE / 9960 view

転職での面接における逆質問への解答例

転職における面接は、お互いの素性を確認する目的で実施されるものです。ですから、多くの企業では逆質問を要求されるのものです。しかし、いざ質問する際に的を得ていない質問をしてしまうとマイナスの印象を与えてしまいますので注意が必要です。

現転職エージェントの為になる話 / 6169 view

転職エージェントガール

某転職エージェント勤務。
転職エージェントという仕事を選んでよかったと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ