第1位 志望動機が不明瞭

最も多いのが志望動機の不明瞭さ。
「それ、うちの会社じゃなくてもいいんじゃないの?」というツッコミが入るような志望動機だと、その段階で合格はないと判断する面接官もいるそうです。
「御社の社風に共感しました。」、「昔からゲームが好きなのでゲーム会社に勤めてみたいと思いました。」などのような発言は、ハッキリいってどこでも使える発言です。オンリーワンの志望動機になっていない場合は熱意が伝わらず良い印象は与えません。

第2位 消去法での選択

「前職で残業が多かったので残業がないところで働きたいと思いました」、「もともと製造業に興味があり、家から比較的近いので応募させていただきました」などのように入社したい動機が、他との比較で選んだというようなニュアンスだと決して良い印象は与えません。

第3位 給料や休日を優先した応募

待遇面はもちろん大切な要素ではありますが、聞き方が大切です。
「何か質問はありますか?」といった面接官の問いに対し、真っ先に給料面や休日の有無、残業の有無に関して質問してくる人は仕事よりもそちらを優先していることは間違いありません。
最低限仕事面の質問をした後に、聞いた方が良いでしょう。

第4位 ステップアップと考えた応募

転職希望者の中には、「御社でスキルアップしたい」、「御社で勉強して今後につなげていきたい」と発言する人がいます。しかし裏を返せばステップアップ程度にしか考えておらず会社に長年尽力していこうという気概が感じられません。会社を学校と勘違いしている人もいるのでは。

第5位 スキルと希望が合っていない

過去の経歴からそれほど多くの業務もこなしているとは思えないにもかかわらず、「デザイン制作を任せていただければぜひ頑張りたいと思います」、「制作以外のことは分かりませんが、制作業務なら自信があります。」などのように、私はこれしかやりません、というようなアピールをする応募者は敬遠されがちです。
最初は何でも吸収して頑張りたいという気持ちを持たないと、採用される可能性は極めて低いでしょう。

以上、面接官に嫌われる人TOP5をご紹介しました。
上記にいずれかに該当してしまったという人もいるのではないでしょうか。現実的には「家から近い」とか、「給料が良いところ」というのは本音としてあると思いますが、そういったことは口にせず仕事面でのアピールや質問を多くするように心がけていきましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職の際、面接で聞くべき3つの質問とは!?

就職面接では、内定を貰いたいがために自分をアピールすることだけにとらわれがち。 しかし、面接ではこちらからも質問をしたり、疑問を投げかけても良い場所です。 だいたいは最後に質疑応答に答えてくれる時間が設けられますので、そこでいくつか質問してみましょう。

Haruno / 21031 view

転職の面接で年収交渉はしても良いのか?

転職のときに気になるのが年収。 いくら職場環境が良くても仕事に見合った報酬がなければモチベーションも上がらないでしょう。 ここでは面接の際、年収交渉は可能か検証していきます。 自分のスキルや能力によって年収アップを勝ち取ることも可能です。

転職さん / 5902 view

転職の面接で給料に不満があるということは言っても良い?

仕事を辞める理由の上位にランキングされている「給料への不満」。 収入がなかなか上がらずに転職を図っている方も多いでしょう。しかし面接時に給料に不満があったということを口に出してしまうのは、気が引ける部分があります。 ここでは給料の不満をどのように伝えるのが適切かご紹介していきます。

転職エージェントガール / 14108 view

関連するキーワード

転職エージェントガール

某転職エージェント勤務。
転職エージェントという仕事を選んでよかったと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ