飲食業界が正社員になりやすい訳とは

飲食業界で正社員になりやすい要因としては、やはり人材確保に苦労している点が挙げられます。
平成26年に厚生労働省が発表した離職率のデータでは、飲食業が52.3%でトップになっています。つまり2人に1人以上は辞めてしまうという計算に。

他の業種を見てみると金融・保険サービスが20.9%、製造業が18.7%などとなっているので明らかに離職率が高いことが浮き彫りになってきます。離職率が高くなればそれだけ人員を補充しなければいけません。1年中求人数が多くなっているのが飲食業界の特徴です。

なぜ離職率が高いのか

一番の理由は費用対効果の低さ。休みが少なく、一日中立ちっぱなしでサービス残業も多くなっています。それにもかかわらず平均年収が242万円と非常に低くなっています。退職理由も「給料が少ない」、「休みが少ない」、「体調壊した」などの意見が上位を占めています。

拘束時間が長く、しかも体力的にハードなので若いうちにしか続けられないと思っている人も多く、20代後半、30代の退職も目立っています。

飲食業界への転職は辞めておいた方がよい?

確かに辛い業界ではありますが、将来的に飲食業で独立したいと考えてる人には将来の糧となる環境ということは間違いありません。
もし店長まで上り詰めることができれば、経営のノウハウや人材育成など幅広い知識を身につけることができます。

企業側もできれば長期にわたって働いてもらいたいと考えていますが、将来的に店を持ちたいという独立願望を持っている人でも寛容に受け入れている体制があります。
「向上心があって目標がある人間の方が退職せず長期に働いてくれる」という期待が持てますので、そのような人材を雇用するケースも多くなっています。

仕事の楽しさを見つける

辛いことが先行してしまう飲食業界ですが、正社員になって運営面も任されるようになるとやりがいを感じられる仕事でもあります。
どのようなメニューを提供すると売り上げが伸びるのか、原価率に対して費用対効果はあるのか、リピーター率はどれくらい高いのか、客単価はいくらぐらいなのか、キャンペーンを実施してどれぐらいの来客数が増えるのか、など飲食店として繁栄させるためのノウハウや知恵を考え出し、実行する楽しさもあります。

薄利多売で店を運営していると、どうしても体力的にも精神的にもすり減ってしまいますが、いかに利益率を上げるかによって健全な経営を実現することができます。

以上、飲食業界事情についてご紹介しました。
単純に「きついからやりたくないな」と思う人は最初から辞めておいた方が良いでしょう。本当に飲食業界で将来的にも頑張っていきたいという方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

IT業界への転職にあたって仕事内容はどんなものがあるのか

転職市場において、もっとも人材の流動性が高く、求人数が多いのがIT業界です。一言にITといっても様々な職種が存在します。ここでは、求人数の多い順に代表的な職種3つを紹介し、それらの仕事内容の概要を解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 974 view

大手外資系の営業職から日系の中小企業営業職への転身 -転職して良かったこと-

大手外資系から中小企業への転職をしたことで良かった面もありました。その良かった面を紹介していきます。

ママエージェント / 1074 view

IT業界へ転職した場合の待遇はどうなのか?!

さまざまな業界の中でも特徴的な処遇体系と言われるのがIT業界です。具体的にどのような点が珍しいのでしょうか?ここでは、業界の構造面にも触れながら解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 1391 view

関連するキーワード

転職エージェントガール

某転職エージェント勤務。
転職エージェントという仕事を選んでよかったと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ