1.どうして退職を決意したのですか?

この質問は、面接の場ではほぼ100%聞かれます。たとえ1次面接で聞かれたとしても、2次面接でも聞かれることでしょう。面接官としてはこの質問から話を展開して志願者の考え方や特性を深堀りしていくのが容易なのです。志願者が軽々しく応募してきてないか?をまずは測ることができるのです。一方で、この質問で最も確認したいのは、志願者の思考回路です。一度は相思相愛となった会社に別れを告げて、新しい会社に就職しようとしているわけですから相応の理由があるはずです。もっとも人間性が出る質問なのです。重大な局面に遭遇したときに、どのように考えて行動するのかを確認したいのです。

この質問に答える際のポイントは「納得感」と「発展性」です。退職理由は決して独りよがりになってはいけません。「勤務地が・・」「給料が・・」「仕事が面白くない・・」などは絶対にNGです。他人が聞いて「それなら仕方がない」と思ってくれる理由を選択しましょう。また、退職理由は志望動機と表裏一体です。退職事由が今回の転職を契機に払拭されるようにならなければなりません。納得感だけでなく、志望動機に上手くつながるような発展的内容である必要があります。

2.退職はどの程度の確度なのですか?

いわゆる退職意志の確認です。既に退職してしまっている場合は良いのですが、これから退職する場合、企業側が恐れているのがいわゆる「ドタキャン」です。2つの企業を天秤にかけて、現職を選択するという結果になってしまっては、せっかく内定を提示する社内承認の手続きをとっても無駄になってしまうのです。

もちろん、志願者の立場で言えば正直に状況を伝えてあげるのが大切です。見極めたうえで判断したいのであれば、そのように伝えるべきです。だからといって採用が不利になるわけではありません。内定の提示はあくまで志願者のポテンシャルであって、志願者の退職確度は本質ではないのです。ただし、退職するスケジュールや決断の期限は必ず問われることになりますので、事前に検討しましょう。

3.引き止めにはあいませんでしたか?

現職において、退職意志の表示をしていたり、退職が済んでいる場合の定番の質問です。

この場合の返答も正直に伝えてもらって構いません。引き止めにあわなかったからといって、「無能な人材」という評価を得るわけではありません。会社によっては次のキャリアへの転換を奨励する文化を持っています。応募先企業としても深く介在する部分ではないわけですから、スマートな回答でかわすのが最善な策といえます。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職面接マナーチェック~身のこなし編~

転職面接で大事なのはアピールする内容だけではありません。「挙動不審な動き」や「いい加減なお辞儀」をしてしまったために、不採用になってしまう事もあります。あなたは社会人として恥ずかしくないきちんとした身のこなしができていますか?一度チェックしてみてください。

転職SE / 6513 view

これを聞けば印象アップ!評価が上がる面接時の逆質問とは!?

面接では質問される時間で大半を占めます。 しかし、最終的にこちらから質問する場面や意見を述べる場面というのも存在します。 そこでいかに自分からやる気を見せるための質問をするかが、合否の大きなカギを握っています。 ここでは評価がアップする逆質問についてご紹介しましょう。

Haruno / 12473 view

中途採用の最終面接は通過率が高いってホント?

最終面接まで行くと、ほとんど確認のみで内定通知をもらえる可能性が高いと言う人もいます。 一次面接や二次面接とは違い、見込みがあって最終面接までいっているわけですから、確かにそのような意見があっておかしくありません。 しかし「最終面接まで通過=内定率が高い」というわけではありません。

転職さん / 138482 view

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ