1.当社で希望している職務は何ですか?

この質問では、第一に企業研究の深さを確認しています。官公庁向けの製造系企業に応募しているにもかかわらず、コンシューマー向けの営業職を希望していては、どれだけ優秀な能力を有していても活かすことはできません。その企業の強みは何か、ターゲット顧客や得意とする販売手法まで調査、研究しておくことが望ましいのです。

また、技術職であれば携わりたい分野のテクノロジー領域が存在するはずですので、それを具体的に説明できるようにしましょう。これまでのキャリアとの関連性を説明し、特に方向転換するようなケースであればそのきっかけとなったエピソードを語れるようにすると良いでしょう。

2.マネジメント職と専門職(エキスパート職)のどちらを志向しますか?

年齢として35歳を超える場合の転職では頻出の質問です。もちろん、どちらが正解ということはなく、会社としてきちんと志向を把握しておきたいという趣旨ですので、正直に答えてもらって構いません。ただし、注意が必要なのは、転職の動機(あるいは退職理由)ときちんと関連性を持たせておくことです。「2~3人のチームを管理していた経験があり、ステップアップして10人規模のメンバーをマネジメントしたい」という志望動機にも関わらず、「将来的には自身の得意分野である電気自動車のエンジン部品のエキスパート職に就きたい」というキャリア志向では、一貫性が無く長期的な活躍は望めないと評価されてしまいます。面接の場であわてないためにも、事前に回答案を思い浮かべておきましょう

3.希望する職種に就けない場合はどうしますか?

この質問は少し意地の悪いものです。入社する前から希望を受け入れられない可能性に触れるというのは、募集要項と異なっているわけですから、多少なりとも動揺を伴う質問です。この場合、現場のマネージャーが人材が不足している部署に配属した結果、募集要項や本人の意思に反するアサインが成立してしまうケースを想定して、人事部門が確認のために質問をしているのです。

返答に困るのは当然ですが、ここは大人の対応をしましょう。現場の事情に一定思いを寄せながらも、自分の希望とするアサインが叶えられるように努力する志があることをアピールすることで、流動性の高い人物であることを理解してもらえるでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職を繰り返す人を経営者はどう見ている?面接時の対処法とは!

転職を繰り返している人は経営者や社長にはどのように映るのでしょうか。 転職回数が多い人は両極端に分かれると言われています。一つはスキル向上型の人間、もう一つは挫折型の人間です。どちらの印象を与えるかによって転職の成功率が大きく変わってきます。

転職エージェントガール / 18949 view

【人事に好かれる逆質問】面接の「何か質問はありますか?」への正しい答え方は?

書類審査通過からようやくつかみとった面接のチャンス! 面接中は何を話したか記憶がないほど緊張しますよね。そんな面接も終了に近づいてきてほっとした瞬間、面接官から一言。 「何か質問はありますか?」きました。いわゆる「逆質問」です。 頭が空っぽになってもじもじしてしまってそのまま終了なんて事も。面接は最後の瞬間まで気が抜けません。ここでは、面接での逆質問への答え方を考えてみましょう。

テンキンマン / 52657 view

面接担当者の顔色を伺いながら伝えたい事をどう伝えるのか

転職活動で大体担当者から聞かれる質問は決まっていたり、聞き方は違っても知りたいところは同じだったりします。 だからこそ、担当者にどう回答するのか、ということが重要になるでしょう。 あなたの言葉で、一番納得させられる言葉で伝えてください。

ママエージェント / 800 view

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ