1.応募先企業の強みと自分の志望動機を関連付ける

企業には得意としている分野が必ずあります。つまり他の企業との差別化ポイントです。優位な製品、サービスを有している場合や、特定の業界をターゲットとしたセールスが特出している場合、有力なプロモーションサイトを持っている場合、などなどその内訳についてはいわば企業の数だけ存在するといっても過言ではありません。これらの強みは一般的には企業のホームページを見ると理解できます。そして、まさにこの強みを自身がその会社を選択する動機と関連付けることで、スムーズに説明することができます。

たとえば、金融機関に勤めており金融の業務知識を別の会社で活かしてステップアップしたいという志望動機を持っていれば、例え異業種への転職であっても、金融業界への売り上げポートフォリオを多く占める企業を選択することは実に自然な選択というわけです。

2.応募先企業の独自の取り組みに着目する

強みに注目することと若干似ていますが、どちらかと言うと「企業理念に共感した」というのがこのタイプです。例えば、女性であれば、ダイバーシティーや女性が活躍できる人事制度を有している企業についてはそれだけで志望動機につながります。まさに、自分が輝くことのできる環境を備えており、気持ちよく働けるからその企業を選択するのです。ほかにも、社会貢献やボランティア活動から業界内の特定の活動まで選択肢は幅広いのですが、これらと関連付けすることは「なぜ当社?」という質問に十分に答えられるでしょう。

3.思いつかない場合は業界内のポジション

最終的に適切な志望動機が見つけられない場合もあるかと思います。その際は応募先企業の業界内のポジション(順位)を引き合いに出しましょう。例えば、業界1位の企業に応募するのであれば、「市場シェアの大きさを活用して様々な領域に幅広くチャレンジしたい」。業界2位から5位であれば、「トップになるチャンスのある環境で自分も一緒に成長したい」。下位の企業であれば、「小さいからこそ上り詰める喜びを感じられる」。など、一定どのような会社にも万能的に通用する言い方を覚えておくようにしましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

【3つの処方箋】圧迫面接に対処するには?

圧迫面接は面接官があえて険悪な雰囲気を出したり、答えにくい質問を発したりしたりして就職希望者のストレス耐性やコミュニケーション能力を見る面接方法です。 近年は圧迫面接自体すくなり「都市伝説では?」という声もありますが、業界によっては慣習的に行われているところもまだまだ多いようですね。ここでは圧迫面接を上手に乗り越えるためのテクニックを解説させていただきます。参考にしてみてくださいね。

テンキンマン / 10837 view

「何か質問はありますか?」と聞かれたときの理想的な質問とは?

転職の際、最後に必ずといっていいほど人事担当者から「何か質問ありますか?」という質問が飛んできます。ここでベストな質問をすることができれば良い印象で面接を終えることができます。 どういった質問がスマートに受け取ってもらえて、気持ちよく面接を終えることができるのでしょうか。

転職さん / 11346 view

時間がない面接の前に私が必ずしていたこと

転職活動は時間との戦いです。いくつかの企業を並行しながら、かつ在職している人はその業務も抱えながら動かないといけません。面接前には、しなければいけないことはたくさんありますが、時間は限られています。最低限これはしておくべきことを紹介します。

ママエージェント / 11851 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ