1.配属先の詳細を確認するのが定番!

実際に入社するにあたって最も気になるのは現場に配属された際に、誰とどのような仕事をしていくのかということでしょう。面接ではそのイメージを理解することのできる貴重な場ですので、その類の質問をしてみましょう。例えば「組織構成や部署、チームの人数を教えてください」「代表的な1日のスケジュールや行動パターンを理解したいです」という質問です。

2.してはいけない質問もある!

質問というのは恐ろしいもので、トンチンカンなことを話し出すと逆にマイナスのイメージを与えたり、「それはどういう趣旨の質問ですか?」と逆質問を受けてしまう場合もあります。
例えば、入社にあたってどうしても気になってしまうのは給与体系と勤務時間ではありますが、これをストレートに企業側に聞くのは避けた方が良いのです。前職よりも年収をアップさせることを目的に転職活動しているのに、入社前にその目的達成の確度を確認したいのは当然の話ではありますが、やはりこの質問は内定を取るには逆効果です。勤務時間については、そもそも「この人は時間を気にして働くひとなのかな?仕事が終わってなくても途中で帰宅する人なのかな?」という印象を与えてしまいます。どうしても聞きたければ、内定が出た後に人事に聞いてみましょう。決して面接の場で、特に現場マネージャーの面接で聞いてはいけません。

3.質問することが無い場合は?

最終面接あたりになると、もはや事前の1次や2次の面接で質問をしてしまっていることから特に確認することが無いというケースもあるでしょう。しかし、「ありません」とは言えば入社の意欲が無いと思われてしまうかもしれませんので、何かしら質問はしたいものです。
そのようなときは、「入社されるまでに実施しておいたほうが良いことはありますか?」と聞いてみましょう?この聞き方であれば前向きな姿勢が感じ取れますし、入社する上でもどのようなスキルが必要となる職場なのかを理解できます。学生がこの質問をすると十中八九「最後の学生生活を楽しんでください」と言われますが、転職の面接のシーンでは適切に回答してくれることでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

面接は自己PR・志望動機・転職理由だけを用意すれば充分だ

「面接を受ける前に、色々な質問を想定して回答を準備しなきゃ」と思っているなら、そんなことは必要ない。ほとんどの面接の質問は、自己PR・志望動機・転職理由だけで答える事ができるからな。

Mr.転職エージェント / 1734 view

面接で応募者が女性だとよく聞かれる質問とは

転職活動で応募者が女性だと、女性ならではの質問を受けることがあります。 セクハラやパワハラに関わるような質問は問題視されやすいので深く踏み込んだ質問こそないものの、女性特有の質問があるのも事実です。 具体的にどんな質問が多いのか見ていきましょう!

転職さん / 1972 view

失敗例から学ぶ面接成功の秘訣

どうしたら面接でうまく話せるのかということをよく考えると思いますが、うまくやることよりも何がダメかを学ぶ方が面接成功につながります。なぜなら、良いと思う人のタイプは面接官によってけっこう分かれるのに、ダメだと思う人のタイプは共通することが多いからです。 それでは、いくつかの失敗例をご紹介します。

転職アタッカー / 1189 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ