1.SPIは1度は必ず練習を

学生の就職試験で使われているSPIは転職活動における筆記試験でも同じように使用されます。一般的に対策できる範囲で構いませんが、練習を怠ると不本意な結果となってしまいます。基本的な問題が中心ではありますが、新卒時代から一定のブランクがありますので1度は目を通すようにしましょう。

また、金融業界の場合は若干難易度の高い数理計算の問題が出されます。高校生レベルの知識で解答できる問題ではありますが、計算量が多くて複雑な処理が必要となりますので1日1問でも良いですから練習しましょう。

2.適性検査は冷静に

適性検査は、たいていSPIの直後に受験します。ここで対策というのはありませんが、緊張して考えすぎることのないように自然な気持ちで受験してください。特に第二新卒において利用されますが、あくまで配属先の参考情報として用いるものです。もちろん、不本意な配属であったり、自分に適さない業務は避けたいと思いますが、落ち着いて正直に解答しましょう。

3.コンサルティング業界のフェルミ推定

筆記試験とは少し種類が違うかもしれませんが、コンサルティング業界に限っては面接にたどり着く前にフェルミ推定を突破しなければなりません。このフェルミ推定、コンサルティング業界においては欠かすことのできない論理的思考の能力(仮説を構築して実証する能力)を評価するものです。代表的な例ですが、「日本国内にあるマンホールはいくつか?」「ジャンボジェット機の中にゴルフボールは何個詰められるか?」という質問に対して自分なりに前提条件を置きながら、徐々に徐々に正解にたどり着いていくアプローチの中身を評価するものです。もちろん、正しい答えなどはわかるはずもなく、面接官でさえ正解を知りません。どれだけ客観的で納得感の高い仮説を組み立てられるかを確認することが目的です。

これは、決してひらめきでは合格できないため、専門の訓練と対策が必要となります。実は転職エージェントに依頼すると模擬試験を実施してくれます。スピードが大切な試験ですので、エージェントを目の前にして頭をフル回転する練習をすることができます。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職活動における本音と建前

転職活動を開始するきっかけというものは10人いれば10通り存在するものですが、意外にもネガティブなものが多いものです。 インターネットに掲載されている転職体験記の類は、どれも転職成功者が後から振り返っているものであることから、どれも美しい話のように思えてしまいます。しかし、実際のところ本当にそうなのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 39958 view

転職サイトで人気の5つのサービスを比較してみた!

ここでは会員数の多い転職サイト5つをピックアップして、それぞれの基本情報を比較してみました。 自分にとってメリットがあると感じたものに登録すれば、希望にあった求人が見つかる可能性が高いでしょう。 「リクナビNEXTに登録しておけば大丈夫」という考えはキケンかも!?

キャリアエージェント / 722 view

転職活動がうまく進まない方へ

いざ転職活動を始めてみたはものの、あらかじめ想像していたように内定が得られず、悩んでいる方々も多いかと思います。真面目に取り組んでいても結果がでないのは苦しいはずです。そのような境遇にいる方に、事態を打開するためのコツを伝授します。

現転職エージェントの為になる話 / 5963 view

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ