1.次第にわかってきた自分のやりたいこと

私は、大学4年生のころの就職活動で、「海外に駐在してグローバルな仕事をしたい」「海外と何らかの関わりがある仕事」「世界で戦えるビジネスマンになる」という観点を大切にしていました。そして、何とか総合商社から内定を得られました。父親も商社マンで、中央アジアに駐在していましたことで、自分も海外志向が強かったのだと感じています。幸いにも入社後は上司や同僚にも恵まれ、厳しくも成長できる環境で充実した毎日でした。自分のように恵まれた環境で働いている人は多くないという気持ちを持つ一方で、しばらくしてから自分の心の中にあった思いに気付きました。それは志といっても良いかもしれません。商社マンたる者、携わった産業と共に運命を共にすることを教えられてきましたが、配属された「エネルギー・インフラ」の業界にどうしても愛着が湧かなかったのです。これは商社で働く上では致命的でした。産業の発展に寄与したくても、気持ちが付いていかないのです。どうしても父親が属していた「鉄鋼」分野に携わりたくなったのです。商社ではなかなか異動は実現しません。私のようなケースの場合、どうしても外に活路を見出すことになります。そこで、退職して新たな会社に就職することを決断したのです。

2.もっと幅広いフィールドで力を試すための退職

私は、入社から一貫して製薬系の専門商社における海外営業に携わっていました。海外営業の業務としては、顧客や工場、研究所の職員と折衝や交渉をする中で、契約を取りまとめ、主にヨーロッパにおける原料の調達にこぎつけるまでを担当していました。しかし、専門性が高い分幅の広い産業に携われないことに不満を持っていました。それは懸念といってもよいかもしれません。30歳になったときに製薬関連の知識しかなくて大丈夫なのかということです。そこで、さらに投資や事業の運営そのものにアプローチできる領域で力を発揮できる、いわゆる総合商社に興味を持ち転職を決断しました。

3.自分の志を貫くための転職

大学卒業後にメーカーのエンジニアとして海外勤務した後に、タイの現地採用枠にてエネルギー系の専門商社に入社し、そのまま現地の大手法人への営業マネージャーの職に着任しました。非常に恵まれた勤務条件であったものの、これまでのように直接的に製品の改善プロセスに関与することが難しい立場にあることに歯がゆい感情を持っていました。そして、その気持ちが次第に強くなったことから、最終的にはもう一度メーカーに戻る決意をしました。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職を考えるべき3つのタイミングとは!?

転職を考える理由は人それぞれ。 「収入が少ない」、「仕事内容がマンネリ・・・」、「上司とうまくいっていない」など。 中でも、会社の方針や考え方と合わないと感じたら、それは転職を考えるべきです。 ここでは転職を考えるべき3つのタイミングについてご紹介していきましょう。

Haruno / 83392 view

転職で働くエリアを変えた人たち

転職活動に何を求めますか?給料アップや業務内容を求めて転職する場合が圧倒的に多いでしょうか。しかし、働くことは生きることであり、転職活動と共に生活の場を大きく変えることも可能です。

ママエージェント / 1046 view

なかなかやる気がでない・・・そんな転職活動のモチベーションを保つために

転職活動はきついです。わたしは真夏の8月に転職活動を行い、就業後、暑いスーツを着て、倒れるんじゃないか、と思いました。 なんで、1円ももらえないのにこんなにきついことを毎日やっているのか、と何度も思いました。

ママエージェント / 19528 view

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ