1.転職エージェントは2、3社に限定すべき

2回目の転職では、一般的に辞めてから活動を開始するのではなく仕事の合間で活動をします。ですから、自ずと転職活動に割ける時間が少なくなるためコンタクトのパスは少なくした方が良いです。

また、複数の転職エージェントで多くの求人を見てしまうと、自分の価値観が揺らいでしまうのです。例え挑戦したかった企業があっても、他の企業に目移りしたり、比較に時間を要してしまいます。自分の価値観をぶらさずに、初志貫徹する意味でも接点を絞ってまさに相談パートナーとして活用しましょう。まずはセカンドオピニオン的に2、3社登録し、実際の選考に進む段階では1社に限定することをお勧めします。

2.中小の転職エージェントにもメリットはある

大手とそれ以外では、1人あたりの登録者に割ける時間が異なります。一般的に、大手の場合は1人のエージェントが受け持つ登録者は2百名前後に上ると言われます。

ですから、朝にメールをしても返信があるのは夕方か翌日ということも珍しくありません。それに比べて、小さめの転職エージェントの場合は、一人ひとりが確実に内定を得ること、すなわち合格率のような数字で勝負しています。例えば、2回目の転職であるという事情を汲んでくれて、徹底的に現職の不満を深掘りした上で、最適な会社をピックアップしてくれます。当然、保有している企業数は大手には敵いませんが、その分各企業のこともよくわかっています。中には、2回目というだけで敬遠する企業もあることでしょう。各企業の事情や特性も、数量が多いと目が行き届きません。個別にカスタマイズしてくれる親切さを兼ね備えているという意味で、2回目の場合は大手よりも小さめの転職エージェントがお勧めなのです。
そのため、2、3社のうち1社は小さめの転職エージェントも登録しておいた方がよいでしょう。

3.エージェントはできるだけベテランを

転職にあたって必ずしもエージェントの年齢が功を奏すわけではありませんが、こと2回目の場合には人生経験がものを言う場合があります。

自分の過去の経験を交えてアドバイスしてくれる確率が高くなる分、現実的な選択肢を与えてくれることでしょう。この場合、途中からとだと言いずらいので、最初の申し込み段階では希望するようにしましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職で職歴空白期間の埋め方に困っている人必見!

転職活動をしていてネックとなるのが空白期間。 空白期間が長ければ長いほど悪い印象を与えがち・・・。その部分を経歴詐称してまで埋めてしまう人もいます。バレなければ良いと考えている人も多いかもしれませんが、現実的には故意に空白期間を埋めてもバレてしまうのが実態です。

転職さん / 27613 view

本音と建前を使い分けた良い転職理由とは?

仕事を辞める時はネガティブな理由のほうが圧倒的に多いです。もちろん向上心を持って辞める方もいますが、ほとんどが何らかの不満を持って辞めるケース。 そこで本音と建前を整理してどのような転職理由を伝えればよいかご紹介していきましょう。

転職エージェントガール / 22575 view

転職する本当の理由とは?

転職にまつわる面白いエピソードがあります。転職エージェントが最初の面談で転職理由を尋ねると「やりがい」「チャレンジ」というキーワードが出てきます。ところが無記名でアンケートを取ってみると違うキーワードが出てくるのです。転職志願者の本当の動機は何なのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 5180 view

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ