1.前職から逃げ出したと思わせないことが大切

面接官は2回目の転職をしようとする応募者に対してある先入観をいくつか持っています。1つ目は「前職が嫌になって逃げだしたのではないか?」というものです。2社ともに仕事や職場環境になじむことができず、つまり壁にぶつかったらすぐに撤退してしまうチャレンジ精神、積極性のない性格なのではないかと思っているのです。面接官としても、この先入観を払しょくしなければ、なかなか具体的な仕事の経歴やアピールポイントを理解するモードに思考を変更できません。

この感情を取り去ってもらうためには、今回の転職が前向きなものであることを印象付けることが大切です。自分が目指すキャリアを実現するために、現在の会社の中で必死に環境を探して努力したが、その環境が社内では得られず仕方がなく社外に活路を求めているということを伝えるようにしましょう。つまりマイナスではなくプラスの思考回路を持っている人間であることをアピールするようにするのです。

2.これが最後の転職であると印象付けることが重要

面接官は2回目の転職をしようとする応募者に対して持っている先入観の2つ目は「入社してもまた転職してしまうのではないか?」というものです。人事採用担当者の立場からすると、せっかく面接を重ねて入社してもらい研修を施し現場配属まで行き着いても、1年や2年で退職されてしまっては採用した甲斐がありません。この印象を払しょくするために主張して面接官に理解してもらわなければならないのは、「ステップアップのための転職」であるという部分です。つまり、自分のキャリアを実現するための転職であり、応募先の企業にこそチャレンジする環境が存在すること、そして継続的に成長できる企業であると認識していることを伝えるのです。

3.ピンチをチャンスにする

面接官の疑いを払しょくさせた後は2回目の転職であることを逆に利用しましょう。多様な価値観で、複数の異なる環境で実績を残すことができた柔軟性をアピールするのです。そして、中途採用者であっても即戦力として親和性の高い人材であることを面接官に印象付けましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職準備で差が付く!?内定率を高める3つの方法とは?

「転職活動を行っていても内定がもらえない」、「10社以上を面接を受けてるのに落ちてばっかり・・・。」、という方もいるでしょう。 かたや2、3社程度の面接で内定をもらえたという人も。この違いは転職準備がとても優れていることが挙げられます。具体的にどのような対策を行えばよいのか見ていきましょう。

Haruno / 9448 view

失敗しない会社選びのための、抑えておきたいチェック項目5つ

転職したのはいいけれど、いざ働き始めたら思っていたのと違っていた・・・では、話にならない。転職に成功した人と失敗した人は何が違うのだろうか?それは、「転職先を選ぶときにどれだけ転職先の調査をしたか」これに尽きる。 会社選びの際に、必ず確認すべき項目5つを紹介しよう。

Mr.転職エージェント / 1083 view

一人で行う転職活動でもスケジュールを立てることは大事

どんな仕事でもスケジュールを立てることが必須なように、転職活動でもスケジュールを立てることは非常大切だ。特に、今の仕事を辞めてから転職活動をする場合、金銭的な面で活動できる期間が限られているため、より重要になってくる。 具体的な転職スケジュールの立て方を、見ていこうか。

Mr.転職エージェント / 1067 view

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ