1.求人の獲得はかなり大変

転職を経験された方は理解していることと思いますが、転職エージェントが有している求人数は膨大です。1,000や2,000ではききません。中には1万件以上の求人を要する大手の転職エージェントも存在します。
中途採用の求人は、優秀な人材を採用したい企業側から依頼されるものだと思われるかもしれませんが、実はその数は非常に小数です。では、どのようにして求人を創出するかと言えばずばり転職エージェントによる営業活動です。それも電話での新規開拓アポイントメントというのが基本です。大手の転職エージェントであればある程度の既存ルートが存在し、定期的に求人を発掘する程度ですが、それ以外には一般的にご要望伺いを挟んだ上で商談を重ねることになります。

2.案件の大きさは全て一緒

一般に法人向けの営業職員というものはその職種によっても違いますが、数10社から多ければ数100社の顧客を持たされます。数100社になってしまうと、管理が行き届かないのが普通ですので、その場合には顧客から得られる売り上げの大きさから順番に優先順位をつけることになります。ところが、転職市場の場合に難しいのは、基本的には成功報酬による手数料でビジネスが成り立っているというところです。つまり、あらかじめ優先順位を付けられないのです。

3.採用コストを抑えたい企業向けのプログラム

企業の中には、人材は採用したいけれども手数料を支払う予算がなかったり、あるいは必ずしも直近で人材を確保する必要性はなく長期スパンで採用を考えている場合もあります。転職エージェントを介して人材を採用する場合、数百万円の手数料を採用企業側は支払うことになるため、
かなりの負担になります。ですから、前記のような企業はローコストでの採用手段を選択します。最近では大規模な転職専用サイトがいくつか存在し求人票だけを掲載する簡便な採用活動ができる仕組みができ始めました。転職エージェントの営業職員に積極的に紹介してもらえないのである意味受け身の形にはなりますし、公に開示されるなどデメリットはありますが、転職エージェントにとっても採用側にとっても有効な仕組みです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

やりたい仕事が無い!?自分に合った会社・職種の選び方とは?

小さい頃に思い描いていた仕事の就職が難しいと分かってくると、現実的にどうしても選択肢が狭まってきてしまいますね。 そこで、思い切って転職を考えている方は自分1人で悩むのではなく、転職のエキスパートの意見を聞いてやりたい仕事を改めて探すというのも一つの手段です。

Haruno / 51935 view

転職エージェントの種類とその見極め方

転職活動をする上で活動のパートナーとなるのが転職エージェントです。キャリアコンサルタントと言われたり、カウンセラーと言われたり、時にはアドバイザーなどとも言われ、様々な呼び名があります。どのようなタイプがいるのかをきちんと理解しておきましょう。

現転職エージェントの為になる話 / 42444 view

トラブルが生まれやすい転職エージェントの特徴とは

転職エージェントの中には利用者にとってトラブルが起きやすいところもあるのが事実です。 大手の転職エージェントでないと自分が望んでいないようなキャリアコンサルタントが対応してしまうケースも・・・。 ここでは転職エージェント利用してトラブルが起きやすい企業の特徴をまとめてみました。

転職さん / 7411 view

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ