■ 転職先に求めるものをはっきりさせる

転職先に求めるものは何ですか?「これだけは譲れない」、「できればあったほうがいい」、「無くてもいい」、というように求めるものの優先順位はついているでしょうか?そこがもやもやとしている人は、自分が何を求めているのかはっきりしていません。そのため、目の前に何か困難が立ちはだかったり、嫌な事があったりすると、「こんなはずなかった」と思ってしまうものです。しっかりと優先順位がついていれば、何か嫌な事があっても「譲れない条件がOKだから、これくらいは仕方が無い」と割り切ることができます。

そもそも、求めるものの優先順位がついているということは、絶対に譲れない条件は守りつつ、無理だと思った条件は捨てる、ということです。しかし、どれも譲れない、何でもかんでも欲しいでは、ただの「ないものねだり」です。そんな何もかもがそろっている職場などあるわけがありません。

きちんと優先順位はつけていて一番譲れない条件が思っていたのと違った、というのであれば、事前の確認不足のせいということになります。転職で後悔しないためには、自分の中で条件の優先順位づけをし、事前にしっかり企業情報を確認する、ということがとても大事です。

■ 今の職場も、転職先候補の一つと思う

転職先を選ぶ前に、今の職場について「本当に転職する必要があるのか?」とじっくり考える必要があります。色々な転職先の企業情報を見たり、面接を受けてみたりした結果、やっぱり今の職場が一番自分に合っていた、と再確認する人も少なくありません。今の職場の良さに気づいただけでも、転職活動をした価値があったのかもしれません。

転職先を比較する時には、今の職場もその中に入れましょう。今の職場も転職先候補の一つなのです。せっかく時間と手間をかけて転職活動するのですから、今より良い職場に転職したいものです。そのためには、今の職場についても良く研究しなければなりません。そうすれば、転職後に前の職場の用が良かったと思わずにすむかもしれません。

■ 転職後、前職に戻っても良い事はない

転職後に「やっぱり前の職場が良かった。」と前職に戻る人も、中にはいます。しかし、戻った後スムーズに前と同じ条件で働けるようになった、という話はあまり聞きません。出戻りということで、社内での地位がかなり低くなることがほとんどです。一度転職したということは、今の職場に見切りをつけたということですから、働いている人達も良い気持ちではありません。「また辞めるとか言い出すんじゃないか?」と腫れもの扱いになって居づらくなった、という人もいます。

はっきり言って、転職後に元の職場に戻っても良い事などありません。戻るくらいなら、もう一度転職活動をする方がまだましです。

いつも「隣の畑が青く」見えてしまう人もいます。転職を始めるきっかけが、「友達の会社はたくさん休めていいなぁ~」などという、単に遠目に人の境遇が良く見えただけなのであれば、安易に転職を決めない方が自分のためということもあるのです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職にあたっての心構えと準備

最初に、あなたが転職したいと思ったきっかけは何でしょうか?その理由は人それぞれですし、求める内容も様々です。転職は新たな道を切り開くひとつの方法ですが、進め方によってはリスクも発生します。そうならない為の心構えと、具体的な準備についてお話してきたいと思います。

転職SE / 15267 view

転職準備で差が付く!?内定率を高める3つの方法とは?

「転職活動を行っていても内定がもらえない」、「10社以上を面接を受けてるのに落ちてばっかり・・・。」、という方もいるでしょう。 かたや2、3社程度の面接で内定をもらえたという人も。この違いは転職準備がとても優れていることが挙げられます。具体的にどのような対策を行えばよいのか見ていきましょう。

Haruno / 9448 view

転職のタイミングを検証すればわかった、転職の時期!

転職のタイミングに失敗すると3ヶ月や4ヶ月どころか半年以上、内定がもらえないなんていう事態になってしてしまう可能性もあります。そうならないためにはどのようなタイミングで転職を行えば良いのか検証してみましょう。

転職さん / 9105 view

関連するキーワード

テンキンマン

幾度の転職を経験し、今では転勤が少し多めですが楽しい職場を見つける事ができました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ