■ 同じ担当になる人と会わせてもらう

面接で「人間関係はどうですか?」などと聞いても意味がありません。人事担当の人に話を聞くだけでは、職場の雰囲気はなかなかわかりません。

面接が進んでもう少しで内定をもらえそう、または内定をもらえる運びになったら、一度配属される予定の担当の社員に会わせてもらうのも良いでしょう。「人間関係が良いか知りたいから」などとストレートに言う必要はありません。「せっかくですし、もしお時間があれば、直接担当者様と仕事内容などをお話しさせて頂きたい」とお願いしてみましょう。喜んでセッティングしてくれれば、そこまで悪い状況ではなさそうです。もし、かなり渋られたら、「担当の人間に問題がある」とか、「そんな時間も取れないほど忙しい」など、何か理由があるのかもしれません。実際、一緒に働く人の顔を見れば、不安な気持ちも少しはほぐれるでしょう。

■ ネットの情報を参考にする

インターネットでの口コミ情報などに、実際にその会社にいた人が会社の評価を書き込むサイトがあります。フリーで誰でも書き込めるサイトは信ぴょう性が低いですが、アカウントを取得して名前や住所などの連絡先を登録したり、ある程度お金を払ったりする必要があるサイトなら、ある程度の信ぴょう性はあるでしょう。そこで、退職者が多いとか、人間関係が最低、などという書き込みばかりだったのであれば問題がありそうです。

もちろん、そのようなサイトにはネガティブな情報を無責任に垂れ流す人もいます。もう辞めようと思っている人だから、そんな情報ばかりになってしまうのかもしれません。ですから、全ての情報をうのみにしない事です。もし、ネットの情報を信じやすかったり、流されやすい性格なら、見ない方が良いかもしれませんね。

■ 実際に会社に行って下見して、会社の雰囲気をチェックする

実際に会社の前に行って目当ての会社に出入りする社員を見てみる、というのも案外ためになります。昼食の時間にランチを取るために出てくる人が、和気あいあいと同僚どうして話しながら出てくるとか、上司や部下が一緒にランチを取っていれば雰囲気の良い職場だと言う事がわかります。逆に、みんな一人で出てきたり、暗い顔で背中を丸めて歩いている人ばかりの職場だったら、何か問題がありそうです。

このように、ランチの時の社員達の表情というのは、ある程度会社の雰囲気を反映するものです。会社の周りに一息つけるカフェやおいしそうなレストランがあるかを確認することもできます。一度、実際に会社を見てみる事をおすすめします。

転職先の人間関係を探る手段を見てきましたが、どれもちょっと弱そうな対策です。職場の人間関係というのは、働いてみないとわからないところもあるので当然のことかもしれません。

人間関係で苦労するのは、ある程度仕方が無いと割り切ることも大事です。気にしないようにするスキルを身につける、嫌な人にも笑顔を作れるようにするなど、自衛できるようにしておけばきっとどこに行っても役に立つでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職のタイミングを検証すればわかった、転職の時期!

転職のタイミングに失敗すると3ヶ月や4ヶ月どころか半年以上、内定がもらえないなんていう事態になってしてしまう可能性もあります。そうならないためにはどのようなタイミングで転職を行えば良いのか検証してみましょう。

転職さん / 8934 view

内定をなかなかもらえない!という人がするべき3つの事

長引く転職活動に焦りを感じる転職者は少なくありません。しかし、何事も簡単にはいかないものです。 まして、転職という人生における難関は、そう簡単に崩せるものではありません。転職活動が長引いてしまったら、一度気持ちをリフレッシュして仕切り直すのも大事な事です。

テンキンマン / 7617 view

経験不足な20代の転職でありがちな3つの罠

転職は一般的に若いうちにしてしまった方がいい、と言われている。しかし、若いうちの転職は失敗が多いのも事実だ。 20代の転職希望者が転職に失敗しないためにも、ありがちな罠にはまっていないかセルフチェックしてみよう。

Mr.転職エージェント / 1219 view

関連するキーワード

テンキンマン

幾度の転職を経験し、今では転勤が少し多めですが楽しい職場を見つける事ができました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ