・給料ダウン!待遇ダウン

基本的に、全くの未経験の職種となると、給与は落ちてしまうケースが多い印象です。わたしもそうでした。給与が落ちる、ということは生活レベルが落ちるということです。暮らしていけないようなものではありませんでしたが、転職活動中は経験を求めていただけでしたが、やはりお金や待遇は当たり前のことかもしれませんが、大切だな、と痛感しました。あくまで経験のステップだと割り切っていたので、私は我慢が出来ましたが、長期的にその企業で働くことを考えている場合は、よくよく考え、出来る限り待遇のアップを目指していただきたいと思います。

そのためにも、転職活動中での希望給与はシビアに考え、担当者にきちんと伝えるべきでしょう。この際、間違っても想定しているより低めの金額に伝えるということは避けましょう。

・覚えることだらけの新しい環境

新しい職場は例え同業者内での転職であったとしても、覚えることの連続です。会社の社内処理についてや、職場のメンバー。全く同じ職務内容ということはあり得ませんので、転職先での仕事のやり方を覚えていく必要があります。

しかし、これが全くの未経験である場合。あなたは新卒の社員と何も変わらず、自分よりも若い社員に新しい業務について教えてもらう可能性も大いにあります。その覚悟がなければキャリアチェンジはするべきではないでしょう。また、きちんと教育期間を設けてもらえる企業であれば良いですが、そうでない場合、自身でかなり自主的に学んでいく必要があり、多くのの労力を間違いなく必要とします。

・理想と違う

どんな仕事にも、良い面、悪い面があります。夢にみていた仕事であったとしても、いざそれを仕事にすると、悪い面を嫌でも知り、『こんなはずではなかった』『あのまま以前の職場に居た方が良かったのでは』という気持ちが出てくることも多いです。

キャリアチェンジをした後しばらくは毎日ためいきの連続でした。職場というものはそれほど社会人生活において重要なものだからです。それは私だけではないでしょう。
しかし、その憂鬱な時期を乗り越えることで、新しいキャリアを築くことができたり、夢の実現に近づくことができたりします。どうかそこで踏ん張って欲しいと思います。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

スカウトメールはホントに転職できるの?

スカウトメールと言うと、自分のことを気に入ってくれて勧誘している印象がありますね。 しかし実際には不特定多数の人に自動で送信しているスカウトメールも存在し、まともにプロフィールを確認していないメールも存在します。 ここでは本気度の高いスカウトメールの見分け方についてご紹介しましょう。

転職さん / 9499 view

今、転職年齢35歳限界説に変化が!?

かつて転職できるリミットは35歳と言われていました。 しかし、年々と転職をする人の平均年齢が上がってきていて、ここ数年でその平均年齢も3歳ほど上昇。 男女共に転職を考えるタイミングも遅くなってきています。 ここでは転職年齢について詳しくみていきましょう。

転職さん / 2928 view

フリーターからの転職は最低賃金を確認せよ!

フリーターからの転職となると、なかなか内定をもらうだけでも一苦労ですね。 そんな時、ひょっとしたら足元を見られて最低賃金が守られていない可能性もあるかもしれません。 最低賃金制度を理解し、自分の給料がそれに該当していないかチェックしましょう。

転職エージェントガール / 1592 view

関連するキーワード

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ