・今の職場で出来ることはないだろうか

今の職場の業務がきつくて、責任が大きすぎて転職を考えるというケースもあり得るでしょう。当の本人にとって、いち早くその場から楽なより待遇の良い環境に行きたい、という気持ちは分かります。しかし、今のその環境、学ぶことがたくさんあるのではないでしょうか。仕事が大変で辛い時期は、大きく成長できるチャンスでもあります。あなたの年齢にもよりますが、同業者で転職を考えている場合、多くの経験をした後で転職をした方が待遇もアップする可能性もありますし、転職市場であなたの価値もあがります。いずれ転職をするにしても、転職する時期をきちんと見定めて始めましょう。

・自分にもっと向いている仕事がある気がする

今の仕事は自分に全く向いていない。もっと自分に向いた待遇の良い仕事がある気がする。そんな思いで転職活動を始めるのは危険です。まず、目的が不明確すぎて、方向性を失い、だらだら転職活動を行っているがいつまでも決まらないパターンになりかねません。また、目標が明確化していないので、内定がたとえ出たとしても本当にそこで良いのか迷い結局また転職活動を繰り返してしまう、という時間の無駄になってしまいます。

転職を始めようと思ったのであれば、方向性をきちんと決め、自分にあった仕事をきちんと決めたうえで動き始めてください。

・社内で他に挑戦できる可能性はないだろうか

今のポジションの業務には行き詰まりを感じる。他の分野の○○について学びたい。その時、あなたが今いる社内を見回してください。もしかしたらあなたがやりたい仕事を行っている部署、グループ会社もあるかもしれませんし、新しくそこに携わることができる業務が発生するかもしれません。

普段からあなたがやりたい仕事、○○に関わりたい、○○を勉強している!など周囲に伝えてくてください。そうすると、近い仕事が発生した際などに、あなたに声がかかる可能性があります。そのためにも社内の人脈を築くことはとても重要なことですね。

転職活動を始めることは簡単です。しかし、そこから内定までの道のりは長い可能性もありますし、安易に始めると貴重なあなたが成長するための時間や休日を活動に費やす必要があります。転職活動が悪いというわけではありませんが、そこに何を求めるのか、本当にいま必要なのかをきちんと考えてから始めてください。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職活動は仕事を辞めてから行うべきか!?メリットとデメリットを検証!

転職活動を行うときに、仕事を辞めてから転職活動をする人の割合が働きながら転職活動する人の数を上回っています。 やはり仕事を辞めてからの方が自由がきくため、転職活動がしやすいというのが大きな要因でしょう。ここでは辞めてから転職活動をするメリットとデメリットについて検証していきます。

Haruno / 18032 view

転職先は同業種?それとも異業種?

現在の職場の退職を決意したり、目処が立って来たら、次にしなければならない重要な行動は、どこに再就職するかを決めるということに尽きます。 ここでの分かれ道は、あなたの今までの経験をどの方向に仕向けるかという事です。

jobdesk / 7295 view

個性を活かした「採用されやすい転職準備の3つの術」

個性ってなんだろうと考えて、自分には個性がないと思う人もいるでしょう、それもありのままですね、そしてこれから転職を考えている方へ、個性を生かした転職準備、そして採用されやすい転職準備の3つの術をお伝えしていこうと思います。

ぽんぽんさん / 935 view

関連するキーワード

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ