1.社内の年齢構成

友人が入社した企業は、自分よりはるかに年配の社員、かなり若い社員の二つに大きく分かれていたそうです。そのため、友人は年齢的に管理職候補として入社、ということでやる気に満ちて入社しました。しかし、年齢の若い社員とは話があまり合わない。かといって社歴は長いためあまり先輩面も出来ない。年配の社員は管理職の仕事が忙しすぎて話も出来ない、もしくは平社員だがやる気がまったくなく(諦めモード)で仕事にやる気ゼロ。友人は社内での居心地が大変悪いようでした。せめてもう少し自分に近い年齢の社員が居れば、と何度も思ったとのことでした。

2.待遇が悪い

待遇が悪いこと、以前の仕事よりも年収が大きく減ることは納得した上で入社しました。しかし、現実的に給料はとても大事です。給与によって生活のレベルも大きく変わりますし、友人と遊ぶにしてもあまり給与の差があると付き合うことを躊躇してしまうことにもなってしまうでしょう。

多少の待遇ダウンは別ですが、大きな収入の変化、休日の変化は体も心もついていくことが大変です。よくよく考えたうえで決断しましょう。

3.全く異なる職務内容

新しい環境に溶け込むには時間がかかります。そしてそこに全く異なる仕事内容だと更にきついものがあるでしょう。新しい職場で全く新しい業務をいちから行うことは相当なストレスと慣れるまでの時間がかかります。出来れば多少なりともあなたがか関わったことのある仕事を含んでいるほうが精神的にずいぶん楽です。そしてこれまでの経験を活かしつつ新しい業務を身に着けていくことが出来、周囲からも重宝がられるでしょう。

4.職場の雰囲気の違い

転職する、ということは会社の雰囲気が大きく変わることだってあります。それは面接の時に感じたり、口コミで聞くなどしか方法はないのですが、是非事前に確認して頂きたいです。わたしはとても自由な社風の企業から、規則の厳しい企業に転職したとき、ノイローゼになりそうでした。給与アップしたが、働く環境がストレスだらけだったり、ワンマン社長が居る、などについては要注意ですので、できる限り面接の場などで聞き出して欲しいものです。その一つの判断基準として面接官の雰囲気も重要なポイントの一つだと思います。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

去り際は重要!きちんと退職しよう

内定がでて、転職成功し、最後に難関は現職の退職でしょう。どんなに嫌なオフィスであろうとも、去り際はとても重要です。抜かりなく綺麗に去りましょう。

ママエージェント / 1997 view

退職前に、今の会社とトラブルが起きないように

今の仕事を辞めずに転職活動をする場合、当然今の職場には転職しようとしている事は隠した方が良い。 でも、転職活動の事が職場にばれてしまったり、辞めさせてもらえないなどのトラブルは良くある事だ。 そうならないようにどのような対策を立てれば良いかを話しておこう。

Mr.転職エージェント / 1672 view

転職先が決まらないまま退職したあなたがやるべき4つの事

このままこの企業にいたら、自分の体が壊れてしまう…。転職活動がしたいけれど自分の時間がない…。いきなりクビになってしまった。何かしらの理由で先のことを考えずにやめてしまった…。そんな時にできることをお伝えします。

ママエージェント / 13819 view

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ