ブランクが空いた場合の使える言い訳

■ 転職活動の時間が取れない

「私は在職中は残業が非常に多く、退職間際でも夜遅く働いていました。そのため転職活動を行う時間が全く無く、ゼロから準備する必要があり時間がかかってしまいました。また体調を整えて心機一転リフレッシュして状態で転職活動を行いたいと考え、現在に至っています。」

■ 勉強する時間が欲しい

「私は転職する際に新たな資格を身につけたいと考えていました。在職中にはなかなかそういった時間が取れませんでしたので、退職後資格を取るための勉強に時間を費やしました。」

■ 家族の病気

「前職を退職後、家族の看病に時間をあてていました。今は体調を取り戻し、家族ともども健康に暮らしています。すでに回復していますので、今後度々休まなければいけないといった事態に陥ることはまずないかと思います。」

■ スクールや職業訓練所通い

「もともとWebデザイン業界に興味があり、転職してみたいと考えこの半年間は専門のスクールに通っていました。そこでフォトショップやイラストレーターのスキルを向上させ、仕事で使えるような技術を学んできました。今はその技術を生かしたいと考え転職活動を行っています。」

■ バイトをしながら転職活動

「転職活動と並行して、アルバイトをしていました。自分の希望する求人があった時に行動を起こそうと思っていました。バイトをしつつ業界に関する知識を勉強する期間にもあてていたので、決してマイナスではないと思っています。」

ブランクが空いた場合の悪い言い訳

■ 自分の体調を理由にする

「前職で体調崩してしまい、3ヶ月ほど入院していました。今は薬を服用することで体調も安定してきたので転職活動再開しています。
(この理由だと再び体調を崩して休んでしまう可能性があるため×)

■ 面接に落ち続けている

「3ヶ月前から転職活動をしていますが、なかなか内定がもらえず苦労しております。すでに10数社受けていますが、まだ内定をいただいているところはありません。(自分から魅力がないと伝えているようなもの。もし事実でもこのような発言は控えるべき)

以上、ブランクが空いた場合の言い訳をご紹介してきました。
転職活動が長引いてブランクが空いてしまうと確かにプラスのイメージは与えにくいですが、自分からネガティブな感じで話すのは厳禁です。
このブランクで「自分が成長する時間に充てた」、「資格を取得するために必要だった」などキャリアの中で無駄に時間を過ごしているわけではないということをアピールすれば問題ないでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

退職時のトラブルに備える3つのチェックポイント

自主的な退職か否かにかかわらず、転職には準備がとても大切です。退職月のお給料の金額など、企業側と利害関係が直接ぶつかるケースも少なくないので、退職する側でも万が一のトラブルに備えて準備をしておくことはとても大切です。 特に円満退職ではない場合には会社とトラブルになってしまった時に備えて書類や証拠資料の保管を行っておくことも視野に入れながら転職準備は進めていく必要があります。

テンキンマン / 1539 view

去り際は重要!きちんと退職しよう

内定がでて、転職成功し、最後に難関は現職の退職でしょう。どんなに嫌なオフィスであろうとも、去り際はとても重要です。抜かりなく綺麗に去りましょう。

ママエージェント / 1997 view

退職前に、今の会社とトラブルが起きないように

今の仕事を辞めずに転職活動をする場合、当然今の職場には転職しようとしている事は隠した方が良い。 でも、転職活動の事が職場にばれてしまったり、辞めさせてもらえないなどのトラブルは良くある事だ。 そうならないようにどのような対策を立てれば良いかを話しておこう。

Mr.転職エージェント / 1672 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ