求人数の多い時期に転職活動する

求人数の多い時期を把握し、それに向けて転職活動を行うと30代でもスムーズに転職ができるという声があります。
引越しなどと同様に、どうしても求人にも閑散期が存在します。最も求人数が増えると言われるのが10月と2月、逆に求人数が減るのが3月から5月、11月から1月となっています。

会社の決算期を区切りに求人が増加します。それ以外のタイミングでも求人自体はありますが、途中退職の人員補充によるものが多いため、多数の求人を募集するケースは少なくなっています。

在職中に転職の準備をしておく

30代で転職がうまくいく人は事前準備が早いということです。
それは履歴書や職務経歴書を早く書いているという意味ではなく、応募しようと思っている企業を絞り、その企業に向けた志望動機や自己PRをしっかりとまとめているということです。

リクナビNEXTの集計データによると、事前準備が早い人ほど内定が早く決まっていて1ヶ月以内に内定を得られた人が21.1%、1ヶ月から3ヶ月以内に内定を得られた人が40.6%となっています。
つまり全体の6割は事前準備さえしっかりしていれば、30代でも3ヶ月以内に次の就職先が決まるということです。

前職の経験を生かした転職をする

一般的に30代の転職は厳しいと言われますが、それは異業種への挑戦や新規分野の場合にそういった現実があります。
例えば、今までトラックの運転手をしていたのに、急に医療メーカーの営業職に転職したいちというケースは落ちてしまう可能性が非常に高いと言わざる得ません。
それは前職でのスキルが生かされず、上司としても1から教える必要が出てくるからです。

ただ30代は経験がモノを言って、それが決め手で内定を得られる可能性も秘めています。
例えば金融業の営業職から不動産業の営業職に転職したいという場合は、十分にチャンスがあるでしょう。畑違いでも金融の知識を生かして不動産業にも生かせるからです。
このように前職と関わりのある職種、あるいは同業種の仕事であれば30代でも転職しやすいと言えます。

以上、30代が転職する場合の成功するポイントをご紹介してきました。
今までやっていたことを無駄にせずスムーズに転職するなら事前準備をしっかりし、同業種への転職を考えるのがベストな選択です。
転職を機に年収が上がったと答えている30代は、下がったと答えている人よりも高い数値となっています。キャリアを活かした転職をすることで今以上の年収をもらえる可能性を秘めていますよ。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

転職希望者はどんな人?ライバルの力を知って転職に役立てよう!

ここでは転職希望者のデータを分析し、どんな人が転職活動しているのか把握してみましょう。 自分のことだけで精一杯という人もいるかもしれませんが、スポーツのように相手の力を把握することができれば、それを生かして自分にとって利益のある対策ができるかもしれません。

Haruno / 982 view

転職活動するときに知っておきたいタイミングとは!?

転職活動を行うときにタイミングや時期によって内定率も大きく変わってきますし、求人数にも違いがあります。将来いずれ転職したいと考えている方は、今の仕事の辞めるタイミングと共に、転職活動のタイミングを考えておくと良いでしょう。

Haruno / 19071 view

40代の転職は無理?再就職の実態とは?

転職は35歳限界説があるほどで、近年では非正規の40代も年々増加傾向にあります。新たな挑戦をするには、やや難しい年代ともいわれ採用する側も消極的です。そんな40代の転職事情について。

Haruno / 11517 view

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ