残業時間が多い職種第1位とは

転職サイトのDODAによると、残業時間が最も多いのはメディア関連の広告業。
クライアントとの取引や取材、マーケティングなどに時間がかかりどうしても残業しがちになっています。
1ヶ月の平均残業時間は49.1時間となっています。平均ですから実際は80時間、90時間とやっている方も多いかもしれません。

また仕事の特徴として自社のみで解決するものではなくクライアントとの取引が中心です。
それゆえどうしても相手のスケジュールに合わせて業務を行うので定刻通りに終わらないというケースが多いようです。

休日が少ない職種第1位とは

年間休日数が最も少なかったのがサービス業のコンビニエンスストア業界。
なんと年間休日は95日。休日が多いとされる自動車メーカーは年間休日135日ですから、なんと40日分もの違いが!

1ヶ月以上も多く働いている計算になりますね。
年中無休で24時間体制になっているところが多く、どうしても人員不足になりがち。本来、もう少し休みたいと考えつつも、仕方なく出勤しているのが現状のようです。ちなみに外食(レストラン)、芸能、芸術関連の職種も年間休日が100日を切っています。

残業が多く、休日が少ない職業の特徴とは

残業が多く、休日が少ない職業に共通することは自社のみで仕事が成立していないこと。
例えば広告代理店に勤めていて、「商品に関する発表を夕方7時からします」とクライアント言えば、それに合わせて仕事をするしかありません。

また土日で一般の人が休んでいる時に営業しなければいけないサービス業(コンビニ、外食、エステ、レジャーなど)は年中無休で営業するケースが多く、それだけ社員にも負担が掛かり休日数も少なくなりがちです。
なかなか外食産業などに働いていて「年間休日120日以上ある」という人は見かけませんね。
こういったことは業界全体で共通することなので企業によって休みが取りやすいというのは、なかなかないのが現状です。

以上は残業の多い職種、休日の少ない職種についてご紹介してきました。
年間休日は求人募集の際に記載してあるケースが多いですから、こういった業界に転職を考えている方は事前にチェックしてから応募するようにしましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

エステティシャンに転職するのは資格が要らないってホント?

未経験からでも転職が可能といわれるエステティシャン。 エステティシャンは入社前の研修を受ければ異業種からの挑戦も可能です。転職する時に特に必要な資格はないので、全く関係ない仕事に携わっていた方でもエステティシャンになれる可能性が十分にあるんです!

転職さん / 792 view

保育士として給料の良い場所に転職する方法とは!?

看護師などと比べて給料が少ないことで人材不足に陥っている保育士の業界。 保育士の資格を持っていながらも給料が安いということで、異業種に転職してしまう人も多くなっています。 しかし、せっかく取得した資格を生かして、できるだけ給料の良い場所で働きたいと考えている方も多いです。

転職エージェントガール / 1198 view

転職で30代が重宝される職種があるってホント!?

30代での転職となると、どうしても選択肢が狭まってしまい、内定を得るのも苦労するというイメージがありますね。 実際に異業種への転職となると困難が待ち受けています。 ただ、職種によっては30代でも重宝されているものがあるんです。具体的にどういった職種があるのかご紹介していきましょう。

Haruno / 4558 view

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ