大都市の平均年収と物価指数とは

例えば家賃が8万円でも綺麗で広い部屋もあれば、ワンルームの狭くて古いお部屋もありますね。地方に行けば行くほど家賃も下がりますが、年収も下がってしまうことに。このバランスを表すのが物価指数と平均年収です。

大都市の平均年収と物価指数を見ていくと、

北海道:平均年収404万円
宮城:平均年収469万円
東京:平均年収614万円
愛知:平均年収537万円
大阪:平均年収523万円
福岡:平均年収436万円

北海道:物価指数99.7%
宮城:物価指数99.3%
東京:物価指数108.5%
愛知:物価指数99.6%
大阪:物価指数102.0%
福岡:物価指数98.6%

上記を比較すると最も住みやすい地域は福岡と言えるでしょう。
年収だと東京が群を抜いていますが、物価指数が108.5%と全国ナンバーワン。
物価指数は高ければ高いほど、普段の生活でお金がかかるという数字です。

一方福岡の場合、年収は東京に劣りますが物価指数の98.6%。この数字は全国で上から17番目です。年収が高い割にはお金がかかってしまう地域トップ10に入っておらずとても住みやすいと言えそうです。

家賃はどれぐらいなの?

物価指数だけではちょっとイメージがしにくいかもしれないので家賃で比較してみましょう。
東京の場合、一人暮らしの方がワンルームを借りたとしたら平均7.72万円。
しかし福岡の場合はなんと3.6万円!

生活しやすい環境で年収もそこそこあるというのが福岡の住環境です。
福岡なら全国展開する大手企業も支社を構え、安定した求人を展開しています。中小企業などの求人数もたくさんありますね。

近くにショッピングモールやレストランもあり、公共交通機関も発達しているので非常に生活しやすい地域といえるでしょう。
もちろん地方になればなるほど家賃が安かったりなどメリットもありますが、買い物に出かけるにも距離があって交通費がかかったり、ガソリン代も負担になりがち。
そういったデメリットのない地域が福岡と言えるでしょう。

以上、年収が高くて物価が安い転職するのにおすすめな地域をご紹介しました。
単純に年収だけで比較するのではなく物価指数も比較して、生活しやすい環境を選んでみるのも一つの手段です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職で知っておきたい用語5選!

転職の際に知っておきたい用語をご紹介します。 入社前に理解しておかないと自分の考えていた雇用条件ではなかったなんてことも・・・。 雇用条件に関する用語を中心によく耳にする言葉5個をピックアップしました。 恥をかかないためにもぜひチェックしてみてくださいね!

転職エージェントガール / 1098 view

転職サイトでチェックしたほうが良い項目とは

転職サイトに登録してそれだけで満足してしまっては転職サイトを大いに活用しているとはとても言えません。 転職サイトの使い方次第では内定を得るチャンスが拡大していきます。具体的にどんな項目をチェックして利用していけばよいかご紹介しましょう。

転職さん / 13592 view

最低給与額はどんな人がなってしまうの?

よく求人広告を見ていると給与形態のところに「18万円〜」、「20万円〜」、「25万円〜」などの記載がされているケースがありますね。 「最高月収40万円」などと記載されていると変な期待を抱いてしまいますね。 ここでは最低給与額はどのように決まるのか詳しく見ていきましょう。

転職さん / 1476 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ