1. 参加する時はどんな格好で行けば良いの?

転職フェスは特に服装の指定はありません。
実際に面接をしたり、試験をするわけではないので自由です。ただ実際に参加している人の傾向をまとめると7割以上がスーツ着用。
ひょっとしたら転職フェスをきっかけに実際に面接に行く可能性もあるでしょう。今後のことを考えると印象良くするためにはスーツでフェスに来場した方が良いでしょう。

2. どんな流れで行動すれば良い?

基本的に入場手続きさえすれば特に制限はありません。
自分が興味のある企業ブースを訪ねたり、参加したいと考えていた講演、履歴書の書き方などを相談しにキャリア相談窓口に行くのも良いでしょう。
イベントの開催時間が決まっているケースが多いのでそれに合わせて行動するのも良いでしょう。
好きな時間に入場して好きな時間に退場することができます。人気のある企業は順番待ちになっているケースもあるので早い段階で訪問することをお勧めします。

3. どんな企業が参加しているの?

多種多様な企業が参加していて中小企業から大手企業まで様々です。
参加している企業の傾向としては大手の上場企業6割〜7割程度、中小企業が2割〜3割程度といったところでしょうか。
職種で見ていくと営業職、店舗店長候補、ディレクター、システムエンジニア、プログラマーなどが多くなっています。あまり特定されるような職種(保育士、看護師、薬剤師、医師など)の企業からの参加は少なくなっています。

4. どんなコーナーがあるの?

参加企業ブースが複数用意され、企業の人事担当者と話せるコーナーがメインです。
他にはキャリア相談を無料で受け付けているコーナー、履歴書の書き方を指導するコーナー、来場者のみに商品をプレゼントするコーナーなどがあります。
基本的にどこに行くのも自由です。ただし就職カウンセリングなどの個別相談は予約制となっているケースもあります。

5. 参加して実際に面接するケースはあるの?

基本的には話をして情報収集する場なので面接を行うケースはありません。
ただし実際に面接を受けたいと思ったケースでは名刺を渡したり、履歴書を渡すケースもあります。
面接日時をお願いすることも企業によっては可能です。中には話をして人事担当者から好意をもたれスカウトに発展するケースも。
そういった場合に備えて職務経歴書や履歴書を持参するのが望ましいでしょう。

以上、転職フェスに参加するときに覚えておきたい5つのことをご紹介しました。
参加される方は就業経験の浅い人も多くいるので特に物怖じせず気軽に参加できます。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職サイトと転職エージェントってどう違うの?

再就職先を探すにはどうしたら良いのでしょうか。WEBで検索するのが一番簡単です。その中でも登録必須な転職サイトと転職エージェントについてご紹介致します。

jobdesk / 14004 view

転職活動は仕事を辞めてから行うべきか!?メリットとデメリットを検証!

転職活動を行うときに、仕事を辞めてから転職活動をする人の割合が働きながら転職活動する人の数を上回っています。 やはり仕事を辞めてからの方が自由がきくため、転職活動がしやすいというのが大きな要因でしょう。ここでは辞めてから転職活動をするメリットとデメリットについて検証していきます。

Haruno / 18060 view

転職フェアは参加する意味はあるの?

転職支援サービスが行っている転職フェアは参加する意味があるのでしょうか? 入場無料で履歴書の提出も必要なく、気軽に企業の話を聞くことが可能。 ただし参加したからといって今後応募した時に内定率が高まるわけではありません。 それでも他では知ることのできない情報を入手できる可能性もあります。

Haruno / 1060 view

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ