履歴書や職務経歴書にアルバイト歴を書いても良い?

履歴書や職務経歴書にアルバイト歴を書いてはいけないという規則はありません。
ただ3ヶ月や4ヶ月程度の場合、アルバイト経験をわざわざ記載するケースのほうが少ないです。

アルバイト歴を書かないとアピール材料が減ってしまう場合のみ、職務経歴書にアルバイト内容も詳しく書いてアピールしましょう。
空白期間に関する記載がないと、「その間何をしていたか」という質問が必ず出るのでアルバイトの期間も明確に記載しておきましょう。

アルバイト歴は正確に伝える

アルバイトをしていたという事実を伝える時に勤務時間を適当に伝えてはいけません。
正社員でなくても社会保険に加入するケースがあるので雇用保険手続きの関係上すぐにバレてしまいます。

例えば週3日しか働いていないのに、「フルタイムで週5日で働いていた」と言ってもバレてしまう可能性があるわけです。どういった勤務形態で働いていたのかも正しく伝えましょう。

効果的なアルバイト経験の書き方とは

アルバイトといっても社員と変わらないような作業の骨格となる大事な部分を任されていたという方もいるでしょう。その時に実際に行っていた作業内容を詳しく記載することでアピールにつながります。
例えばレストランで働いていて接客、レジ打ち、清掃、調理そして納金とあらゆる作業を担当していたと記載すれば飲食業界への転職の際、有効になるはずです。

他には宅配ドライバーとして商品の受付と発送を担当。
「運転技術、安全性、接客には自信があります。また地理についても幅広いエリアを熟知しております」と自己PRを記載すれば良い印象を与えることができるでしょう。配送業に転職する時の役に立つ可能性が高いです。

このようにアルバイト経験と転職を希望している業種がマッチすれば、職務経歴書に記載する価値は十分あります。

以上、アルバイト経験を転職で生かす効果的な記載方法を紹介しました。
アルバイト経験が同業種なら尚有効ですが、異業種に応募する際にも詳しく記載しておきましょう。
例えばサービス業の経験でも接客を得意としていれば営業職など異業種にも役立つケースがあるからです。できるだけ詳しく書いてアピールすることが大切です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

履歴書の嘘はバレるのか!?その真実とは!

転職経験が多い人ほど正直に履歴書に書くのが、なんだか気まずい気分になりますね。転職回数が多ければ、それだけ面接で良い印象を与えるわけがありません。 ここでは転職の際にどのように履歴書に記載すべきか検証していきましょう。

Haruno / 13872 view

書類選考を突破するためには自己PRを工夫しろ!

確実に書類選考を突破するためには、職務経歴書の自己PRで他の応募者と差をつけることが必要となります。しかし、新卒の自己PRとは違い転職における自己PRでは前職での実績がものを言うことになります。どれだけ営業スキル、開発スキルが高いといったところで、それに紐づくだけの実績がなければ企業側の納得感を得られないのです。ここでは、少しでもより良い実績をアピールするためのテクニックを解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 22782 view

職務要約の例文〜医療編〜

ここでは医療関係の仕事をしていた方がどのように職務経歴書を書けば良いのかサンプルを用いて紹介していきます。 仕事内容やどんな病院に勤めてたのかを明確に記載することで、知識やスキルを伝えることができます。 自分の経験を伝えるには具体例を出すのも良いでしょう。

転職さん / 1691 view

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ