1.面接官の服装に対する目線

転職における面接官の目線は服装に限らず「この人と一緒に働きたいか?」「この人は当社に入社して活躍できるか?」というものです。ですから、少なくともそのような感情を持つことを阻害する服装は避けなければなりません。まずは清潔感のある服装を選択しましょう。シャツは汚れていないか?、アイロンは掛かっているか?スーツにシワはないか?靴は磨かれているか?など、基本的な身だしなみが整えられていれば大丈夫なのですが、前職がそのようなことに無頓着な環境である場合は、無意識のうちに水準が下がってしまいますので注意しましょう。

2.企業のイメージに適合する服装を選択する

TPOという言葉もある通り服装は時と場所を選ばなくてはなりません。新卒であればどのような企業であってもリクルートスーツで良いのですが、社会人経験者となればそうもいきません。しかしながら、無難でシックないでたちが必ずしも良いかといえばそうでもありません。例えば、マスコミや広告、さらにはアパレルといった流行を先取りすることと最新のニーズを把握することを求められるような業界の場合、むしろ地味な印象を与えてしまいその会社が持っている風土と適合しないのではないかと見られてしまう可能性があります。また、個性を重んじるような企業でも同様です。

もしも服装に迷うようであれば、その会社の入っているビルに、朝か夕方訪れてみることをお勧めします。そうすれば、ある程度社員がどのような服装でいるかを知ることができます。もしかすると、私服で働いている企業かもしれません。そのような時は極端な話服装などどのようなものであっても合否には影響しないと感じ取れることでしょう。

3.迷った時は普段の勝負服で

散々悩んだ挙句、決め手に欠けるような場合には普段の勝負服で面接に臨みましょう。例えば、営業であれば客先での大切なプレゼンテーションで着るお気に入りのスーツを1着は持っていることでしょう。面接も一種のプレゼンテーションです。最後は着慣れた縁起の良い服装で臨むという考え方もあります。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

面接で回答に困る質問への対処策

企業によっては面接の中でわざと意地の悪い質問をして応募者の返答内容を確認するケースがあります。一般的に、大学生の就職面接と比較して少ないとは言われますが、人気のある企業になるにつれてフィルタリングするために使われることがあります。そんなときの対処策を解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 18024 view

面接担当者の顔色を伺いながら伝えたい事をどう伝えるのか

転職活動で大体担当者から聞かれる質問は決まっていたり、聞き方は違っても知りたいところは同じだったりします。 だからこそ、担当者にどう回答するのか、ということが重要になるでしょう。 あなたの言葉で、一番納得させられる言葉で伝えてください。

ママエージェント / 791 view

1次面接成功の鍵は自己PRにあり!面接官はプロとは限らない

それは、間違いではありませんが実は、面接官にとっても面接は難関なのです。 なぜなら、1次面接などは面接に慣れていない現場の担当者が面接に入るケースがよくあるからです。 この場合、1次面接突破のポイントは2つあります。

転職アタッカー / 1754 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ