1.なぜ自己紹介なのか?

転職活動における面接では、事前に応募先の企業に対して履歴書と職務経歴書が渡されています。つまり、自己紹介などは済んでいるようなものなのです。では、何故改まって自己紹介を求められるのでしょうか?

そもそも、面接官の質問は「それでは、まず簡単に自己紹介をしてもらえますか?」というものです。かなり大雑把な問いかけというか、応募者にとってはオープンな質問を投げかけられていることになります。実はこの局面で見られているのは、対外的なコミュニケーション力です。客先に訪問した際の最初の振る舞いが適切にできるかどうかを見極められています。自分という商品のプレゼンテーションを行う前の導入部分を無難に乗り切れる力があることを伝えなければなりません。

2.自己紹介で大事になる丁度良さとは?

自己紹介は、極端に言えば無難に乗り切れれば良いのです。プラス得点は必要なく、マイナスされなければ良いのです。マイナスとならないために意識するべきことは、自己紹介にかける時間です。おおよそ1分程度の長さにまとめられるのが丁度よいと言えます。仮に3分間で話したとすると、聞き手はその中で疑問点が2つから3つ程度思い浮かんでしまうでしょう。

また、多少緊張があってちぐはぐな説明であっても1分であれば、傷は浅いですが、それが3分も5分も続いてしまうと聞く側としては苦痛になってしまいます。また、「この調子で客先に出向かれたら大変だ」という印象を与えてしまうと、その先の質疑応答がいくら良い内容でも結果に結びつかないでしょう。また、内容としては「氏名」「年齢」「出身地」「大まかな志望動機」くらいを伝えれば十分です。志望動機は詳細を語る必要はなく、後続の質問につながりやすい程度に留めるのが大切です。

3.強調し過ぎるのは禁物

自己紹介ではどうしても自分の強みをアピールしようと焦ってしまう場合があります。もちろん、アピールは大いにすべきですが、冒頭で強調しすぎてしまうと思わぬ返り討ちをくらいます。自己紹介はあくまで控えめに、「能ある鷹は爪を隠す」という気持ちでいましょう。具体的に言えば、「前職で記録した月間売上1百万円を御社でも達成できるよう頑張りたい」と言ってしまうと若干嫌味に聞こえてしまうため、具体的な数字や期間を極力排除するようにしましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

面接時にやらかした!?失敗回答例5つとは

面接時に間違った回答をしてしまい、それがきっかけで落ちてしまったという方もいるでしょう。そういった意見をもとに反面教師にして、面接時の対策を練ることも大切です。ここでは具体的な失敗回答例5つをご紹介してきましょう。

転職エージェントガール / 1628 view

圧迫面接をする企業の意図とは?

面接官があえて威圧感のある雰囲気や発言を行う「圧迫面接」 もちろん、企業の採用担当者も気まぐれでやっているのではなく、「優秀な人間を採用すること」を目的にあえて圧迫面接を行っています。 ここでは採用担当者がどのような意図で圧迫面接を行っているのか、実際に圧迫面接を受けた時にはどのように対処するのが良いのかをまとめてみました。

テンキンマン / 15134 view

【3つの処方箋】圧迫面接に対処するには?

圧迫面接は面接官があえて険悪な雰囲気を出したり、答えにくい質問を発したりしたりして就職希望者のストレス耐性やコミュニケーション能力を見る面接方法です。 近年は圧迫面接自体すくなり「都市伝説では?」という声もありますが、業界によっては慣習的に行われているところもまだまだ多いようですね。ここでは圧迫面接を上手に乗り越えるためのテクニックを解説させていただきます。参考にしてみてくださいね。

テンキンマン / 11150 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ