1.職務要約

まずは冒頭に職務要約を書きます。これは自分という商品を一言で説明する場合にどのようにすれば伝わるのかという視点で書くとうまくいきます。いわば挨拶文にも等しい項目ですので、簡潔でありながらもキーワードを入れて経歴を伝えるのです。

たとえば、「新卒で入社以来、5年間x社で営業職を経験しました。特に後半は大手金融機関のy社のアカウント営業としてz億規模の受注をコンスタントに獲得していました。その後、新規の顧客開拓を行う経験をするために製造業のA社に転職し、大規模な顧客を中心にニーズを発掘し、コンサルティング型の営業で実績をあげました。」という形です。この文章のポイントは、2社めに転職した狙いを記述していることです。冒頭の要約文で意図的に伝えておくことで、どうして転職したかを理解したうえで詳細経歴を読み進めることができるのです。

2.職務の詳細経歴

これまでに在籍した代表的な企業とその際の職務内容を伝えるパートです。ここでは、まさに細かく経歴を伝えることが重要なのですが、1点スパイスを入れてみましょう。職務の切りの良い箇所で「ポイント」を挿入するのです。

たとえば、「新規顧客を開拓する際にコンサルティング型営業手法で大型受注を獲得。製品部門と複数回の打ち合わせを持ち、ターゲット企業の課題、ニーズに合致する製品機能を強調することで、顧客側も費用対効果を実感でき、スムーズな社内説明、稟議承認を実現できた。」という具合です。つまり、日々の仕事を淡々とこなすだけでなく、常に創意工夫しながら進めていくることをさりげなくアピールするのです。

3.自己PR、志望動機、転職理由

自己PRで意識すべきことは2つ〜3つ程度を記載しておくということです。しばしば5つ以上書いてしまう人もいますが、これはご法度です。アピールしたい気持ちはわかりますが、面接のときにぼやけてしまうのです。面接官も結局この人は何が強みなのか?というマインドになってしまいますので注意してください。

転職理由では、例えば1社目は「意図的に厳しい環境に身を置いてスキルアップするため」、2社目は「スキルアップを達成したため」というように、ストーリー性を持たせるようにしましょう。そして、3社目が今回だとするとまさに、志望動機が、これらの転職理由の流れ上スムーズな形である点を意識しなければならないのです。逆に、この部分がスムーズであれば面接官からも高い評価を得られるでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

現役転職エージェントがこっそり教える内定が出る履歴書の書き方

転職ではずばり活動タイミングが大切です。通常時間が限られるものですし、いわゆる短期決戦です。賞味1〜2か月で効率よく活動するためには、履歴書を送付した企業からNGが出ないことです。ここでは内定につながる履歴書の書き方を解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 50568 view

履歴書は全てをさらけ出せ!

再就職先候補が決まったら、次に履歴書を作成する事になります。 履歴書には何をどう書くべきか。世の中には履歴書記載の指南書が多く出回っており、WEBでも簡単に検索できます。 ところが、この指南書の多くはいわゆる記載事項を説明した一般的なマニュアル。 ここではこの種の指南書とは観点を変えて、ポイントをご紹介致します。

jobdesk / 2591 view

職務要約の例文〜製造業編〜

ここでは製造職に関する経験を職務経歴書に書く場合のサンプルをご紹介していきましょう。 製造職は具体的にどのような作業をしていたのか記載しないと、作業イメージが伝わりにくい側面があります。 差し支えなければ何の商品を扱っていたのかも記載すると良いでしょう。

転職さん / 119546 view

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ