1.質問への回答パターンを覚えるのが大切

面接の場で出される質問に答える上で、大切なのは転職理由、自己PR、志望動機の3つです。究極的な言い方をすると、この3つの話を使い回すことで回答できるものです。

面接の準備において必要なのは、転職理由、自己PR、志望動機のそれぞれをきちんと確立しておくことと、それらに関連性をもたせておくことです。つまり、転職理由として掲げている将来成し遂げたいことが、自分の強みと合致しており、それを成し遂げるのに最も適切な環境が志望先の企業であることを説明できるようになることです。ここまで理論を構築できてしまえば、ほとんどの質問に回答できるようになります。

2.実際の聞かれ方は?

では、転職理由、自己PR、志望動機は実際どのように聞かれるのでしょうか?例えば転職理由であれば、転職を考えたきっかけは何ですか?なぜ今の会社を辞めようと思ったんですか?

自己PRであれば、他の人と比べて優れていると思う点はどこですか?あなたの強みをどのように活かせると思いますか?志望動機であれば、どうして当社を志望しましたか?、、業界の数ある企業の中で当社を志望した理由は何ですか?という聞かれ方をします。

3.フレーズを使い回す

どのような質問が来ても転職理由、自己PR、志望動機を使い回すというテクニックを持てると非常に面接の結果が安定しやすくなります。

例えば、「当社に対してどのようなイメージを持っていますか?」という質問に対しては、志望動機と関連性を持たせるのです。つまり「研修が充実しており、人を育てることに定評があることから、自分もその環境でスキルアップしたい」という志望動機であれば「研修が充実しており、人を育てることに長けているイメージがあります」と変換すれば良いだけです。

このように、会社について聞かれたら志望動機と、自分の内面について聞かれたら自己PRと、そして前職での経験を聞かれたら転職理由と関連性を持たせることで乗り切れるのです。そして、もう一つのこ方法でメリットなのは、キーワードをブラさないようにできるのです。志望動機に関連する質問なのに、とっさのアドリブで本来の志望動機とマッチしない回答をしてしまい、矛盾を招くことを防ぐことができます。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

【3つの処方箋】圧迫面接に対処するには?

圧迫面接は面接官があえて険悪な雰囲気を出したり、答えにくい質問を発したりしたりして就職希望者のストレス耐性やコミュニケーション能力を見る面接方法です。 近年は圧迫面接自体すくなり「都市伝説では?」という声もありますが、業界によっては慣習的に行われているところもまだまだ多いようですね。ここでは圧迫面接を上手に乗り越えるためのテクニックを解説させていただきます。参考にしてみてくださいね。

テンキンマン / 11244 view

面接時に悪い印象を与えない短所の伝え方とは!?

転職活動の際に面接で聞かれることのある「短所」について。短所とはいえ、本当に苦手なところを伝えてしまってマイナスな印象を与えたくないところです。短所とは言いつつも、決してマイナスな要素だけではないということを連想させるような回答ができればベストです。

転職エージェントガール / 1052 view

1次面接成功の鍵は自己PRにあり!面接官はプロとは限らない

それは、間違いではありませんが実は、面接官にとっても面接は難関なのです。 なぜなら、1次面接などは面接に慣れていない現場の担当者が面接に入るケースがよくあるからです。 この場合、1次面接突破のポイントは2つあります。

転職アタッカー / 1980 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ