1.質問への回答パターンを覚えるのが大切

面接の場で出される質問に答える上で、大切なのは転職理由、自己PR、志望動機の3つです。究極的な言い方をすると、この3つの話を使い回すことで回答できるものです。

面接の準備において必要なのは、転職理由、自己PR、志望動機のそれぞれをきちんと確立しておくことと、それらに関連性をもたせておくことです。つまり、転職理由として掲げている将来成し遂げたいことが、自分の強みと合致しており、それを成し遂げるのに最も適切な環境が志望先の企業であることを説明できるようになることです。ここまで理論を構築できてしまえば、ほとんどの質問に回答できるようになります。

2.実際の聞かれ方は?

では、転職理由、自己PR、志望動機は実際どのように聞かれるのでしょうか?例えば転職理由であれば、転職を考えたきっかけは何ですか?なぜ今の会社を辞めようと思ったんですか?

自己PRであれば、他の人と比べて優れていると思う点はどこですか?あなたの強みをどのように活かせると思いますか?志望動機であれば、どうして当社を志望しましたか?、、業界の数ある企業の中で当社を志望した理由は何ですか?という聞かれ方をします。

3.フレーズを使い回す

どのような質問が来ても転職理由、自己PR、志望動機を使い回すというテクニックを持てると非常に面接の結果が安定しやすくなります。

例えば、「当社に対してどのようなイメージを持っていますか?」という質問に対しては、志望動機と関連性を持たせるのです。つまり「研修が充実しており、人を育てることに定評があることから、自分もその環境でスキルアップしたい」という志望動機であれば「研修が充実しており、人を育てることに長けているイメージがあります」と変換すれば良いだけです。

このように、会社について聞かれたら志望動機と、自分の内面について聞かれたら自己PRと、そして前職での経験を聞かれたら転職理由と関連性を持たせることで乗り切れるのです。そして、もう一つのこ方法でメリットなのは、キーワードをブラさないようにできるのです。志望動機に関連する質問なのに、とっさのアドリブで本来の志望動機とマッチしない回答をしてしまい、矛盾を招くことを防ぐことができます。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職面接マナーチェック~話し方編~

面接では話し方はとても重要です。癖のある話し方をする人は、面接官によっては「あ、この話し方はもうダメだわ」とそれだけで落とされてしまうこともあるのです。人と話す際に、意外とマナーが悪い人はたくさんいます。一度自分の話し方をチェックしてみてください。

転職SE / 9911 view

面接は最後の印象が大事!?ピークエンド効果とは

ピークエンド効果という言葉を聞いたことがありますか? 人間は話や物語など最後の方しか記憶に残らないという理論です。ドラマを見ていたり、スポーツを見ていても最後の盛り上がるシーンしか覚えていないという人がいます。それと同様に面接でも最後の印象が面接官の記憶に残ると言われています。

転職エージェントガール / 1488 view

転職の面接で給料に不満があるということは言っても良い?

仕事を辞める理由の上位にランキングされている「給料への不満」。 収入がなかなか上がらずに転職を図っている方も多いでしょう。しかし面接時に給料に不満があったということを口に出してしまうのは、気が引ける部分があります。 ここでは給料の不満をどのように伝えるのが適切かご紹介していきます。

転職エージェントガール / 13936 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ