年齢と職歴がアンバランスであるために紹介が可能な案件が存在しない。

もっともよくある例は、年齢があまりにも若すぎて、比較的に即戦力が求められる傾向にある中途採用市場ではニーズが無いというものです。どれだけ第二新卒採用の枠であっても、さすがに一年目で退職してしまった人材を採用するのであれば、新卒で白紙の状態から研修によって戦力化したほうがコストが安いのです。かなり厳しい見方ですが、それだけ1年目の転職というのはハードルが高いのです。

同様に50代後半でも逆の理由で同様のことが言えます。また、一定のリーダー、マネジメント経験が求められる30代以降であれば、自分が独力で成果を出してきたことを強みとするキャリアだけでは不足する場合があります。もちろん、専門性やスペシャリスト的なスキルを重視するポジションもありますが、ゼネラリスト枠や幹部候補の場合はミスマッチなキャリアとなります。転職を意識すればこそ、日ごろから年齢に応じて適切なキャリアを積むことを意識する必要があるのです。

経済環境が悪いため企業の採用数が極端に落ち込んでいる。

次に、転職市場というものは経済環境に左右されるものであることを忘れてはいけません。不景気のど真ん中で有効求人倍率の水準が限りなく低い状態の場合、転職エージェントとしても紹介できる件数を絞り込まなくてはなりません。

特定の企業に応募者が殺到してしまって、採用活動そのものが回転しなくなってしまうためです。もちろん、このようなケースは時期が来れば状況が好転するため、少し期間を空けて活動を再開するとよいでしょう。

希望の職種が登録先の転職エージェントの得意領域に合致しない。

超大手の転職エージェントを除いて、ほとんどの転職エージェントには特異な職種領域が存在します。

たとえば「コンサルティング」「医療」「IT」「外資系」といったキーワードが該当します。転職エージェントに応募する際には、自分が希望する業界や職種を一定絞り、該当する領域を得意とする転職エージェントを選択しなければ紹介案件が存在しないことを理由に断られてしまうことがあります。ですから、事前にある程度目星をつけた転職エージェントのリサーチをすると良いでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントを利用すると転職が上手くいくってホント?

企業と転職者の橋渡し的な役割を担っている転職エージェント。 専門のキャリアコンサルタントが転職者の希望を聞いて、その希望に見合ったところを紹介してくれます。中には一般公開されていない会社を案内してくれることも! 転職エージェントを利用した転職事情に迫ってみましょう。

Haruno / 23970 view

転職エージェントの裏側 -求人票の作成編-

新規開拓の営業活動が実りを結び、晴れて転職エージェントを活用してもらう企業が見つかりました。そのあとは求人票の作成に取り掛かります。実際に応募者の目に触れる求人票、具体的にどのように作成を進めていくのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 5896 view

転職エージェントを利用して中小企業に就職するという選択肢

転職エージェントを利用して中小企業や零細企業に就職する人が増えていますが、特に多いのが中小企業に就職する人です。

転職忍者 / 12186 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ