1.面接で話す対象に関する違い

面接において自分のバックボーンや強みに関することを説明するというのは新卒でも中途採用でも同じですが、その対象は異なります。新卒であれば当然学生時代のことが中心ですので、学校生活、サークル活動、部活動、勉強、アルバイトなどに関するエピソードを織り交ぜることになりますが、転職活動では前職についての経験を話すことになります。

よく第二新卒枠に応募する志願者が勘違いしてしまうのですが、転職活動の面接で話すことはあくまで社会人経験です。学生生活ではありません。1年目や2年目で転職をしてしまう場合、学生時の経験のほうが多いというのは理解できますが、それでも前職での経験を話さなければなりません。誇れるエピソードがなくてもひねり出すようにしましょう。また、新卒の際に評価のポイントであった「熱意」「やる気」については、持っていることが前提です。採用の成否とならないという点は就職活動よりもシビアであることの象徴です。

2.採用に関する決裁権に関する違い

意外かもしれませんが、中途採用における決裁権は人事部門ではありません。決裁権を持っているのは実は採用する部署です。人事部門はあくまで企業側の窓口に過ぎず、現場部門と応募者の架け橋の位置づけです。人事部門の中途採用におけるもっとも重要な役割は、中途採用活動のために必要となる経費の予算を年初に確保することです。

そして、採用計画を立案してそれを推進することです。一度中途採用活動を開始してしまえば、あとは個々の応募者を採用するしないの決断するのはあくまで現場です。これは人事部門がすべての裁量を持つ新卒の就職活動とは大きく異なることです。ですから、より本質的な経験値が問われるという点でやはり転職活動のほうが厳しい目線を持たれるのです。

3.提出書類に関する違い

ここまで読むと新卒時代の就職活動よりも転職活動の方がハードルが高いように思えるかもしれませんが、そうとばかりも言えません。提出書類は履歴書が共通であるのに対して、企業個別のエントリーシートというものは存在しません。職務経歴書を各社共通で準備しておけば良いことになりますので、違いでありつつも効率的に活動できる要素といえるでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

耐えられる残業時間ってどれくらい?一般的な目安とは

ここでは残業時間によってどれぐらいの疲労度や苦痛があるのか検証してみました。 もちろん人によって残業が苦にならない人もいれば、体調に異変をきたしてしまう人など様々いまうs。 あくまでも一般論として紹介していくので、参考程度に留めておいてくださいね!

転職さん / 4436 view

転職がうまくいかない人の特徴とは?

転職活動をしていても「なかなか内定を得られない」、「書類選考で落ちてしまう」、「最終面接に進んだことがない」など転職で苦労している方も多いでしょう。 ここでは転職に失敗している人の特徴をまとめてみました。自分が該当しているものが多いと失敗してしまう可能性が高いかも。

転職さん / 7936 view

大企業に転職できれば不満は一切なくなる!?

厚生労働省の調査では1,000人以上の企業に就職した人は転職する割合が少ないとデータが明らかになっています。 やはり待遇面や環境面で安心して仕事に打ち込める環境が整っていることが要因と言えます。 具体的にどんなメリットがあるのかみていきましょう!

Haruno / 1128 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ