1.転職エージェントの面談で聞かれること①

転職エージェントの面談において、十中八九最初に聞かれることは「転職する理由」です。この質問で大まかな背景を確認したうえで、職歴について確認されることになります。このときには、新卒時代の1社目の会社の選び方の考え方にまで遡って確認されます。

30代中盤以降ともなると、たとえ自分の気持ちであっても10年前のことなどは忘れてしまっているかと思います。正しく語れないとダメということではありませんが、有意義な面談にするためにも訪れる前に多少でも記憶を整理しておきましょう。

また、聞かれることの粒度はかなり細かくなると思っておいてください。プログラミングで使用していた言語、会計監査における手法、営業先の企業規模や商材に至るまで、各業種において深く精通しているエージェントから丁寧なヒアリングを受けます。当日にたじろいでしまわないようにこの点も頭の中を整理しておきましょう。

2.転職エージェントの面談で聞かれること②

過去、現在のことについて一通り確認された後は、未来に向かった話し合いを行います。もっとも大切なことは、これからどのような仕事に就きたいかということです。

業界、職種から就業形態、条件など幅広く意識を合わせていきます。この際に重要となるのは優先順位の付け方です。自分の希望が1から10まですべてかなえられるというのは極めてまれな話であり、実際にはいくつか妥協しながら転職活動を進めていくことになります。

その際に、何が必須で、何を落とせるのかを、事前に明確にして面談に臨めると良いでしょう。つまり、勤務地と年収はどちらが重要か?仕事内容の充実と残業時間が少ないことはどちらが優先なのかということです。

3.転職エージェントの面談で確認されること

転職エージェントにおける面談で相対するエージェントの後ろ側には企業の採用担当者がいると思って臨むことをお勧めします。面談で話した内容は、企業とのマッチングを行う上で重要な材料となります。もちろん、変に緊張することは不要ですが、決して嘘をつかずに正直に正確に自分のキャリアや希望を話すことを心がけましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントの種類とその見極め方

転職活動をする上で活動のパートナーとなるのが転職エージェントです。キャリアコンサルタントと言われたり、カウンセラーと言われたり、時にはアドバイザーなどとも言われ、様々な呼び名があります。どのようなタイプがいるのかをきちんと理解しておきましょう。

現転職エージェントの為になる話 / 42011 view

適当に登録する前に!自分に合った転職サイトの探し方

転職サイトと呼ばれるものは、さまざまありますがその中から自分に合ったものを どうやって選べばいいのかということで誰もが悩むと思います。そんな方のために 簡単に転職サイトを選ぶポイントをご紹介します。

転職アタッカー / 786 view

スマチェンがすすめる登録すべき転職エージェント一覧

転職エージェントは無料で登録・利用する事ができます。 転職をする上で、できるだけ多くの選択肢を手に入れるために、全ての転職エージェントに登録しておいた方が良いでしょう。

Smachan / 205108 view

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ