1.ゼネラリストをアピールしすぎる

企業のなかでは年齢を重ねるにつれて役職が上がっていきますので、当然マネジメント能力を身につけていかなければなりません。ゼネラリストとして、課長や部長として手腕を発揮できる人材を企業が求めていることに変わりはありません。

しかし、それを20代や30代前半の時点でアピールしてしまうことは避けたほうが良いです。ゼネラリストの管理能力が高い人が必ずしも業務の遂行能力が高いわけではないからです。転職市場は、人材が不足しているから募集していというのが原則です。つまり、将来の幹部よりもまずは即戦力が欲しいのです。幹部が欲しければ、そのポジションを募集します。ですから、組織の活かし方がどれだけ上手でも、それほどアピールポイントにならないということを覚えておきましょう。

2.研修の内容の執拗な確認

真面目な人ほどしてしまうのがこの質問です。数少ない質問の機会で研修内容について確認するということは、自分の成長を会社に頼っているのではないか?と見られてしまう場合があります。
研修のフレームワークや概要を聞く分には全く問題ありませんが、内容を細く確認してしまうのは避けるようにしましょう。

3.勤務時間、待遇に関わる質問

入社する上でもっとも気になる部分ではありますが、採用面接の過程でこれらを質問することは避けましょう。まず、勤務時間については、特に現場の採用部門の面接官に対しては絶対にNGです。

仕事の良し悪しは勤務時間ではなく成果です。勤務時間という軸で仕事を考えられてしまっては困るのです。仕事が終わってなくても終業時間だから退社するタイプかな?と勘違いされてしまうのです。

また、待遇について確認できるのは一般的には内定受領後の条件交渉段階です。入社時の給料や、5年後、10年後の給料は気になる部分ではありますが、社外秘の事項なだけに応募者という立場の人に簡単に開示できるようなものではありません。
面接の段階では、あくまで応募動機は仕事内容でなければならず、たとえ本音として待遇などが動機であったとしても決してそれを悟られるような言動はしてはならないのです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

面接が2回以上ある場合、質問内容はどう変わるの?

企業によっては面接が2回行われるケースがあります。二次面接、最終面接などと面接を分けることで質問が多少変わってきます。 1回目は人事の人が人柄や経歴などの審査をするために面接を行い、2回目以降に役員が面接官となり、3回目以降に代表取締役社長が面接を行うというのが一般的です。

転職エージェントガール / 2861 view

これを聞けば印象アップ!評価が上がる面接時の逆質問とは!?

面接では質問される時間で大半を占めます。 しかし、最終的にこちらから質問する場面や意見を述べる場面というのも存在します。 そこでいかに自分からやる気を見せるための質問をするかが、合否の大きなカギを握っています。 ここでは評価がアップする逆質問についてご紹介しましょう。

Haruno / 12501 view

1次面接成功の鍵は自己PRにあり!面接官はプロとは限らない

それは、間違いではありませんが実は、面接官にとっても面接は難関なのです。 なぜなら、1次面接などは面接に慣れていない現場の担当者が面接に入るケースがよくあるからです。 この場合、1次面接突破のポイントは2つあります。

転職アタッカー / 1846 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ