自分のタイミングで転職する(危険度75%)

「あの上司とはもう仕事なんかしたくない」、「休みがないのでもう体力的にしんどい・・・」、「給料が安すぎてやってらんない」など突発的にに続けたくないと判断し、退職する方もいます。しかしそういった方ほど次の転職先がなかなか決まらないものです。

転職先のことを考えるよりも今の会社を辞めたいということしか考えていないため、転職活動を始めてから実際に応募して内定を得るまでに時間がかかります。
計画的な辞め方ではないのであまりお勧めはできません。

節目を区切りに転職する(危険度50%)

仕事のプロジェクトを区切りにして退職したり、年度末の決算期を区切りに退職する方もいます。
また引越しの退去日が迫っていて、更新料を払うのが嫌だということをきっかけに転職を図る方もいるようです。

このような節目をきっかけに退職する方は事前に準備して退職する方が多いので、在職中に転職エージェントなどに登録し、そこまで休職期間を空けずに転職できる方が多いようです。
ただし退職するタイミングを誤ってしまうと求人数が少ないシーズンもあるので、すぐに次の転職先が見つからないということも考えられます。
ベストな転職のタイミングかというと、やや微妙な部分もあります。

新規採用の増えるシーズンに転職する(危険度25%)

転職する時は前職の状況よりも、むしろ転職のニーズが増える時期を考えた方が良いでしょう。
前職できれいに辞めたいという気持ちももちろんあるかもしれませんが、それよりも将来の自分を大切にすべきです。
求人数が大幅に増える2月、3月を中心に転職活動を行いましょう。

採用人数、求人数共に増えるのはこの時期です。
年明けぐらいから徐々に活動を開始し、候補となる企業の求人情報を集め、実際に応募して転職を図るのは2月ぐらいを目安に考えておくと良いでしょう。
そのため退職届も2月ぐらいに提出し、3月は跡継ぎとの期間として考えておくと良いでしょう。前もって計画も立てておくことが大切です。

以上、転職のタイミングについて検証してみました。
ポイントはやはり転職の求人数が増える時期を狙って転職を図ることです。いくら優れた人材でも求人数が少なければ希望したような年収や仕事に巡り会えないことも考えられます。転職の縁は運ではなく、前持った計画が必要です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職先選びで役立つ2つのポイント

会社選びで実践的に役立つ2つのポイントをお伝えしようと思います。

ぽんぽんさん / 938 view

転職準備で差が付く!?内定率を高める3つの方法とは?

「転職活動を行っていても内定がもらえない」、「10社以上を面接を受けてるのに落ちてばっかり・・・。」、という方もいるでしょう。 かたや2、3社程度の面接で内定をもらえたという人も。この違いは転職準備がとても優れていることが挙げられます。具体的にどのような対策を行えばよいのか見ていきましょう。

Haruno / 9245 view

転職先は同業種?それとも異業種?

現在の職場の退職を決意したり、目処が立って来たら、次にしなければならない重要な行動は、どこに再就職するかを決めるということに尽きます。 ここでの分かれ道は、あなたの今までの経験をどの方向に仕向けるかという事です。

jobdesk / 7234 view

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ