シフトリーダーが在籍しているかどうか

残業が多かったり、休日が少なくなってしまうのは慢性的な人員不足が考えられます。
シフトの調整ができないままだと無理難題を課せられ、長時間労働を招いてしまいます。
それを防ぐのがシフトリーダーの存在。

シフトリーダーは社員やアルバイトがどの時間に働くか、どの曜日に働くかを調整する役割を担っています。
シフトリーダーが定まっていないと1人に過度な負担がかかった勤務体制になってしまうことがあります。

店長がシフトリーダーになっているケースがありますが、店長自体の仕事量が多くなって社員の勤務体制まで細かく気を配れず、おろそかになってしまうことがあります。
シフトリーダーが固定されていた方が一人一人の裁量がはっきりし、過度な負担がかかることはないでしょう。

職場環境を事前にチェックする

行ったこともない飲食店に転職を考えるのは禁物です。
例えば勤めてみたいレストラン、ラーメン店、居酒屋など実際に足を運んでスタッフの動きを注視してみましょう。

人数は足りているのか、料理は遅延することなく用意されているのか、受付応対は間に合っているのかなどチェックしてみましょう。
人が不足していて、サービスの質や応対が遅れているようだとそれだけスタッフに負荷がかかっていることが考えられます。

売り上げを伸ばしたいがために社員に負担がかかることも飲食業界ではよくあることです。
無理のない勤務状況になっているのか、自分の目で確かめてみましょう。

残業時間、年間休日数をチェックする

求人募集には残業時間と年間休日数が記載されているはずです。
カレンダー通りの120日以上の休日はなかなか飲食業界ではありませんが、それに迫るぐらいの日数が確保されているのが好ましいです。100日を切ってしまうと非常に年間休日数が少ないと考えた方が良いでしょう。

残業時間は10時間から20時間程度であれば少ない方です。
30時間から40時間は飲食業界では標準的なものでしょう。それ以上になると多いので30時間前後を1つの判断基準として考えてみましょう。

以上、飲食業界に転職する際チェックしておきたい3つの項目についてご紹介しました。
特に自分の目で確かめることは必要不可欠です。できれば複数店舗に足を運んでスタッフの動きを調べておくことが大切です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

大手外資系の営業職から日系の中小企業営業職への転身 -転職して良かったこと-

大手外資系から中小企業への転職をしたことで良かった面もありました。その良かった面を紹介していきます。

ママエージェント / 777 view

IT業界へ転職した場合のデメリット

メリットがあれば裏返しのデメリットがあるのが世の常です。IT業界も良い面だけでなく、つらく厳しい現実を見つめなければなりません。長い会社人生を過ごすうえで、きちんとデメリットを理解して入社するようにしましょう。

現転職エージェントの為になる話 / 740 view

残業が多い業種、少ない業種を検証!そして年間休日が多いのは?

ここでは業種別の残業時間について検証していきます。 また年間休日の多い業種についても併せて見ていきます。 一般的なイメージでは飲食業界の残業の多さがクローズアップされています。 しかし1位は意外な業種がランクイン! その気になる業種とは・・・?

転職さん / 1524 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ